「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(後編)

2017.01.05 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(後編)の画像

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続きマセラティ初のSUV「レヴァンテ」がテーマ。他のマセラティ同様、イタリアンプレミアムの世界観を体現するレヴァンテは、どんな人にお薦めか。谷口視点で分析する!

 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(後編)の画像

これぞイタリアンプレミアムの世界

ダイナミック性能では谷口信輝から芳しい評価を引き出せなかったマセラティ・レヴァンテ。その採点が辛口になりがちなのは、谷口がオンロード志向の強いスポーティーSUVを評価基準の中心に据えているからと推測されることは前編でも述べたとおり。もっとも、この連載企画はあくまでも谷口の感じたままをお伝えすることがテーマである。そこで後編では、谷口が語ってくれたインテリアの印象などを中心にリポートすることにしよう。

谷口にまずは運転席に腰掛けてもらった。
「アイポイントは高めですね。ちょっとバスに乗っているみたいな感じがしますが……」
谷口は前編でレヴァンテのコーナリングを「ちょっと腰高な感じ」と解説していたが、そんな印象を抱いたのも、このやや高めのアイポイントが災いしていたのかもしれない。もっとも、オンロードでのコーナリングでは時にデメリットともなる高いアイポイントは、路面状態を子細に観察することが重要なオフロード走行では逆に強みとなる可能性がある。

インテリアの作り込みはどうだろう?
「色使いも全体的なまとまりも、オトナっぽさが強いですね。あんまり若者向けじゃないかもしれない」

そう、これぞイタリアンプレミアムの世界観とでもいうもの。ファッションがそうであるように、スポーティーといってもどこかドレッシーで洗練されているのがイタリア式の真骨頂。スウェットパンツ姿で出掛けてしまうどこぞの国のスポーツファッションとは大きく趣が異なるのだ。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る