「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場

2017.01.06 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴ ゼン」
「ルノー・トゥインゴ ゼン」拡大

ルノー・ジャポンは2017年1月6日、コンパクトカー「トゥインゴ」にエントリーグレード「ゼン」を追加設定し、同年1月12日に発売すると発表した。

「トゥインゴ ゼン」のインテリア。
「トゥインゴ ゼン」のインテリア。拡大
15インチスチールホイールとフルホイールキャップ。
15インチスチールホイールとフルホイールキャップ。拡大
5段マニュアルトランスミッションのシフトノブ。
5段マニュアルトランスミッションのシフトノブ。拡大
1リッター直3自然吸気エンジン。
1リッター直3自然吸気エンジン。拡大

カタログモデルにいよいよMTが登場

トゥインゴは、ルノーがラインナップするAセグメントのコンパクトカーである。現行モデルはその3代目にあたり、従来モデルとは異なるRRの駆動方式が特徴とされている。日本での発売は2016年9月で、これまでは「インテンス」の1グレードのみが販売されていた。

今回追加された「ゼン」は装備を簡素化したエントリーグレードであり、既存のインテンスと比べ、ボディーサイドのクローム装飾やバックソナー、オートライト、フロント雨滴感応式オートワイパーなどが非装備となるほか、エアコンはマニュアル式、足元の仕様はスチールホイールとフルホイールキャップの組み合わせとなる。

エンジンとトランスミッションの組み合わせは2種類で、インテンスと同じ0.9リッター直3ターボエンジンと6段EDC(エフィシェントデュアルクラッチ)に加え、現行モデルの日本導入時に設定された限定車「サンクS」と同じ1リッター自然吸気エンジンと5段MTの仕様も用意されている。

トゥインゴのラインナップと価格は以下の通り。

  • インテンス キャンバストップ(6段EDC):199万円
  • インテンス(6段EDC):189万円
  • ゼン(6段EDC):180万円
  • ゼン(5段MT):171万円

(webCG)
 

関連キーワード:
トゥインゴルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール18 2018.4.24 画像・写真 F1マシンをモチーフにしたカラーリングが特徴で、F1マシンと同じモデル名を冠した「ルノー・ルーテシア ルノースポール18」。5月に正式発表される限定モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • 「ルーテシア ルノースポール」に黒いボディーが魅力の限定車 2018.4.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンが特別仕様車「ルーテシア ルノースポール18」をファン向けに公開。ベースとなったのは「ルノースポール トロフィー」で、ブラックアウトされたボディーなどが特徴となっている。詳細や価格などは5月の正式発表でアナウンスされる。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.30 試乗記 走行性能に磨きをかけたルノーのホットハッチ「ルーテシアR.S.トロフィー」。その実力を探るべく、レーシングドライバーの谷口信輝が筑波サーキットで試乗した。ライバル車との乗り比べを交え、走りの特徴を報告する。
ホームへ戻る