ホンダ・オデッセイが仕様変更 新グレードも

2011.10.13 自動車ニュース

「ホンダ・オデッセイ」仕様変更 新グレードも登場

本田技研工業は、ミニバン「オデッセイ」の仕様を変更し、2011年10月13日に発売した。

今回、エクステリアデザインが手直しされるとともに、安全装備などの充実が図られた。全グレード共通の具体的な変更点は、以下のとおり。

・新デザインのダーククロームメッキ・フロントグリル
・新デザインのリアコンビネーションランプ
・左右のリアランプをまたぐ、真一文字のリアライセンスガーニッシュ
・メーター内の照明色の変化でエコドライブの達成度をドライバーに伝える「コーチング照明」および「ECONスイッチ」の標準化
・全席に3点式ELRシートベルト(緊急ロック式巻き取り装置付きシートベルト)とヘッドレストを標準装備
・VSA(車両挙動安定化制御システム)を標準装備

また、ベーシックな新グレード「M・S」が新設され、「M」「Mエアロパッケージ」「Li」「アブソルート」と合わせて全5グレード展開となった。
各グレードの主な特徴と装備内容および価格は、以下のとおり。

■「M・S」(FF車:242万円/4WD車:267万1000円)
最もベーシックなグレード。グレージュ内装が採用される。

■「M」(FF車:272万円/4WD車:295万1000円)
・「M・S」同様のグレージュ内装を採用
・新デザインの16インチアルミホイールを採用
・Hondaスマートキーシステムを標準装備

■「Mエアロパッケージ」(FF車:276万円/4WD車:299万1000円)
・エアロタイプのエクステリアとブラック内装を採用
・新デザインの16インチアルミホイールを採用
・新デザイン18インチアルミホイールをオプション設定
・ステアリングホイールを握った手元で変速ができる、シフトパドルを標準装備

■「Li」(FF車:412万500円/4WD車:435万1500円)
・グレージュ内装と本革シートを採用
・新デザイン16インチアルミホイールを採用
・Honda HDDインターナビシステム+リンクアップフリーを標準装備
・ステアリングホイールを握った手元で変速ができる、シフトパドルを標準装備

■「アブソルート」(FF車:292万円/4WD車:315万円)
・新デザイン18インチアルミホイールを採用
・スモークタイプの専用リアコンビネーションランプ
・専用リアライセンスガーニッシュ(ダーククロームメッキ)
・専用ブラック内装
・シート表皮の変更(センター部にソフトウィーブ、サイド部に高級合成皮革グランスムースを採用)

(webCG 関)

「ホンダ・オデッセイMエアロパッケージ」
「ホンダ・オデッセイMエアロパッケージ」
「オデッセイM」のリアビュー
「オデッセイM」のリアビュー
「オデッセイM」のグレージュ内装
「オデッセイM」のグレージュ内装
「オデッセイ アブソルート」
「オデッセイ アブソルート」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オデッセイの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る