ホンダ・オデッセイが仕様変更 新グレードも

2011.10.13 自動車ニュース

「ホンダ・オデッセイ」仕様変更 新グレードも登場

本田技研工業は、ミニバン「オデッセイ」の仕様を変更し、2011年10月13日に発売した。

今回、エクステリアデザインが手直しされるとともに、安全装備などの充実が図られた。全グレード共通の具体的な変更点は、以下のとおり。

・新デザインのダーククロームメッキ・フロントグリル
・新デザインのリアコンビネーションランプ
・左右のリアランプをまたぐ、真一文字のリアライセンスガーニッシュ
・メーター内の照明色の変化でエコドライブの達成度をドライバーに伝える「コーチング照明」および「ECONスイッチ」の標準化
・全席に3点式ELRシートベルト(緊急ロック式巻き取り装置付きシートベルト)とヘッドレストを標準装備
・VSA(車両挙動安定化制御システム)を標準装備

また、ベーシックな新グレード「M・S」が新設され、「M」「Mエアロパッケージ」「Li」「アブソルート」と合わせて全5グレード展開となった。
各グレードの主な特徴と装備内容および価格は、以下のとおり。

■「M・S」(FF車:242万円/4WD車:267万1000円)
最もベーシックなグレード。グレージュ内装が採用される。

■「M」(FF車:272万円/4WD車:295万1000円)
・「M・S」同様のグレージュ内装を採用
・新デザインの16インチアルミホイールを採用
・Hondaスマートキーシステムを標準装備

■「Mエアロパッケージ」(FF車:276万円/4WD車:299万1000円)
・エアロタイプのエクステリアとブラック内装を採用
・新デザインの16インチアルミホイールを採用
・新デザイン18インチアルミホイールをオプション設定
・ステアリングホイールを握った手元で変速ができる、シフトパドルを標準装備

■「Li」(FF車:412万500円/4WD車:435万1500円)
・グレージュ内装と本革シートを採用
・新デザイン16インチアルミホイールを採用
・Honda HDDインターナビシステム+リンクアップフリーを標準装備
・ステアリングホイールを握った手元で変速ができる、シフトパドルを標準装備

■「アブソルート」(FF車:292万円/4WD車:315万円)
・新デザイン18インチアルミホイールを採用
・スモークタイプの専用リアコンビネーションランプ
・専用リアライセンスガーニッシュ(ダーククロームメッキ)
・専用ブラック内装
・シート表皮の変更(センター部にソフトウィーブ、サイド部に高級合成皮革グランスムースを採用)

(webCG 関)

「ホンダ・オデッセイMエアロパッケージ」
「ホンダ・オデッセイMエアロパッケージ」
「オデッセイM」のリアビュー
「オデッセイM」のリアビュー
「オデッセイM」のグレージュ内装
「オデッセイM」のグレージュ内装
「オデッセイ アブソルート」
「オデッセイ アブソルート」

関連キーワード:
オデッセイホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • 谷口信輝の新車試乗――ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda S... 2017.11.2 mobileCG