ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)

普通って素晴らしい 2017.01.06 試乗記 ルノーのAセグメントモデル「トゥインゴ」に、エントリーグレードの「ゼン」が登場。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通のものの良さ、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。

価格も魅力のベーシックモデル

昨年9月に「ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ」に試乗した後の懇談で、MTモデルを追加する可能性があるという話を聞いていた。0.9リッターターボ+EDCも良かったのだが、自然吸気(NA)1リッターとMTという組み合わせには心が躍る。発売時に「サンクS」の名でそうした仕様が用意されていたが、わずか50台の限定だった。今回のグレード追加で、晴れてカタログモデルになったのである。

当初のラインナップは「インテンス」と「インテンス キャンバストップ」のみで、どちらもデュアルクラッチトランスミッションのEDCが採用されていた。インテンスというのは、ルノーのグレード設定では豪華装備の上級版を意味する。今回加わったゼンは、シンプルでベーシックなグレードだ。EDCモデルもあってインテンスより9万円安、MTモデルはさらに9万円安い。価格だけを見ても魅力的である。

もともとシンプルなトゥインゴなので、インテンスと比べて極端に見劣りすることはない。外観ではサイドモールのクロームフィニッシャーが省略されているぐらいだ。オートエアコンやオートライトは装備されないが、どうしても必要なものではないだろう。ホイールがアロイでなくなるのは少しさびしいところ。安全関連についてはまったく同じ装備である。

トゥインゴの魅力は、ミニマムを極めてポップに至った徹底的な合理主義にある。最小限のパワーユニットで、不必要な自動化を取り除いたゼンは、さらに研ぎ澄まされたエッセンスのようなクルマと言ってもいい。自動車の根源的な魅力を感じることができるのではないかと、大いなる期待を抱いて試乗に臨んだ。

新グレード「ゼン」のインテリア。エアコンがマニュアル式となるほか、オーディオのウーハーや、サングラスホルダーなど一部の収納が省かれている。
新グレード「ゼン」のインテリア。エアコンがマニュアル式となるほか、オーディオのウーハーや、サングラスホルダーなど一部の収納が省かれている。
足元の仕様は15インチのスチールホイールにフルホイールキャップの組み合わせ。「インテンス」にはあった、サイドモールプロテクターのクロームモールが省略されている。
足元の仕様は15インチのスチールホイールにフルホイールキャップの組み合わせ。「インテンス」にはあった、サイドモールプロテクターのクロームモールが省略されている。
2016年9月に日本でも発売された現行型「ルノー・トゥインゴ」。今回設定された「ゼン」には、0.9リッターターボエンジン+6段EDCと、1リッター自然吸気エンジン+5段MTという、2種類の仕様が用意される。
2016年9月に日本でも発売された現行型「ルノー・トゥインゴ」。今回設定された「ゼン」には、0.9リッターターボエンジン+6段EDCと、1リッター自然吸気エンジン+5段MTという、2種類の仕様が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る