日産ノートe-POWER メダリスト(FF)

今日における電動カーの最適解 2017.01.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。

エンジンで発電しモーターで走る

話題のe-POWERの採用に加え、見た目にもマイナーチェンジで少々キリリとした顔つきとなった日産ノート。サイズはBセグメントの標準的なもので、ライバルはトヨタの「アクア」という構図は変わっていない。e-POWERのシステム概要は発表時のニュースに詳しいので割愛するが、1.2リッターのガソリンエンジンは発電専用で、この出力がそのまま駆動力とならない点が、e-POWERのノートを日産が電気自動車と呼ぶゆえんだ。

補助バッテリーは小さく1.5kWhとリーフの20分の1程度の容量だが、おかげでコンパクト。助手席の下に配置できる大きさになっている。反面バッテリーの電力のみで走れる距離は数km。パーキングスピードならいざ知らず、条件が良くても、ほとんどのシーンでエンジンが掛かる。

ということで、走行中はエンジンがせっせと回り、発電に次ぐ発電を行い、その電気をバッテリーに一瞬ためて、モーターがそれを使い走る──を繰り返す。アクセルペダルから足を離している=回生ブレーキが利いている時以外は、ほとんどエンジンが動いている。おまけにそれは「BMW i3」のレンジエクステンダーのような小さなもの(スクーター用の2気筒647cc)などではなく、発電専用にチューニングされているとはいえ、純ガソリン車のノートと変わらない1.2リッター直列3気筒という立派なものである。

こうした、他のノートと(基本が)同じ(発電用とはいえ大きな)エンジンを搭載しており、なおかつポルシェ博士が戦車の発動機としても採用した古くからある技術を、さも新しぶって「エコしてますよ」的に最先端技術として触れ回っているあたりが、気に入らない人は気に入らないらしい。

日産のBセグメントコンパクトカー「ノート」。現行モデルは2012年に登場した2代目で、2016年11月にマイナーチェンジを受けた。
日産のBセグメントコンパクトカー「ノート」。現行モデルは2012年に登場した2代目で、2016年11月にマイナーチェンジを受けた。
新しいパワープラントの設定に加え、内外装の仕様も変更されており、「メダリスト」系のインテリアはブラウンを取り入れたダークな色調となった。
新しいパワープラントの設定に加え、内外装の仕様も変更されており、「メダリスト」系のインテリアはブラウンを取り入れたダークな色調となった。
外観ではV字形の装飾が用いられたフロントグリルや、ワイド感を増した前後バンパーなどが、マイナーチェンジ後のモデルの特徴となっている。
外観ではV字形の装飾が用いられたフロントグリルや、ワイド感を増した前後バンパーなどが、マイナーチェンジ後のモデルの特徴となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る