【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表

2017.01.06 自動車ニュース
 
【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表の画像

富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。

「スバルWRX STI」(米国仕様)
「スバルWRX STI」(米国仕様)
「スバルWRX」(米国仕様)
「スバルWRX」(米国仕様)

フロントフェイスを刷新

2018年モデルでは、新デザインのLEDヘッドランプやフロントグリル、大型化したフロントバンパーグリルを採用し、フロントフェイスを刷新。そのほか、走行性能、安全性能、実用性にも手が入れられ、全方位的なブラッシュアップが行われた。

デザインでは、新たなフロントフェイス以外にも、WRXには18インチ、WRX STIには19インチの、新開発のアルミホイールを採用。インテリアでは、ドアスイッチパネルにブラック調パーツをあしらうことで質感の向上が図られているほか、フロントドアガラスの板厚を増すことで、室内の振動・騒音対策を強化。また、WRX STIにはレッドカラーのシートベルトも用意される。さらにオプションでレカロ製のフロント電動パワーシートを選ぶこともできる。

シャシーについては、サスペンション設定の最適化が行われ、操縦安定性や乗り心地の向上が図られた。WRXでは、電動パワーステアリングの制御が見直され、操舵フィーリングが向上。また、電動パワステのモーターとECUを一体構造とすることで軽量化も実現したとされる。ブレーキも強化されており、WRX STIには、イエローキャリパーの新型ブレンボ製ブレーキを採用。モノブロック構造のフロント6ピストン/リア2ピストンの対向キャリパーに、ドリルドローターが組み合わされる。WRXには、レッドカラーのブレーキキャリパーとユーリッド製のブレーキパッドがオプションで用意される。

駆動系にも改良が施され、WRXの6段MTにはシンクロ機構の見直しと、シフトレバーのフリクションの低減が実施され、シフトフィーリングの向上が図られた。また、WRX STIには電子制御マルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)を搭載。従来の電子制御と機械制御の組み合わせから、電子制御に一本化し、最適化が図られた。これにより回頭性が向上し、ハンドリングが改善されたという。

安全装備では、ステアリング操作に合わせてヘッドランプの光軸を左右に動かすステアリング連動LEDヘッドランプを採用。また、WRXにはブレーキペダルから足を離しても停止状態を維持するオートビークルホールドをスバル車として初めて搭載したほか、フロントガラスにアイサイトの状態を映し出すアイサイトアシストモニターも備わる。

(webCG)
 

 

関連キーワード:
WRX STIスバルモーターショーデトロイトモーターショー2017自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • 谷口信輝の新車試乗――スバルWRX STIタイプS(前編) 2017.12.14 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「スバルWRX STI」である。2017年5月のビッグマイナーチェンジを経てさらなる熟成が進んだスバルきってのスポーツモデルに、今あらためて谷口が挑む!
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る