【スペック】全長×全幅×全高=4335×1765×1440mm/ホイールベース=2690mm/車重=1420kg/駆動方式=FR/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(170ps/4800-6450rpm、25.5kgm/1500-4500rpm)/価格=367万円(テスト車=457万2000円)

BMW120i(FR/8AT)【試乗記】

不変のこだわり 2011.10.13 試乗記 BMW120i(FR/8AT)
……457万2000円

2004年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジを受けた「1シリーズ」。FRレイアウトや50:50の前後重量配分といったBMWならではの基本パッケージは変わっていない。ではどこが変わったかというと……。

ハンドリングは言うことナシ

袖ヶ浦フォレストレースウェイをベースに行われた新型「1シリーズ」試乗会の持ち時間は90分。テストドライブは15分のサーキット走行から始まった。

つまり、いきなり全開。べつにゆっくり走ったっていいのだが、10秒置きくらいに試乗車をコースインさせるので、もたもたしていると後ろに迷惑がかかると思って、可能な限り飛ばす。試乗車は「120i」。旧型と比べると、ステアリングが軽くなったことが第一印象。最近のドイツ車の傾向からして、ああやっぱりという感じだ。

「ステアリングは軽ければ軽いほどいいんですよ」と言ったのは、“現代の名工”でもある日産のテストドライバー、加藤博義さんだ。「操舵(そうだ)フィールがあれば、ね」というただし書き付きだが、新型1シリーズはその点でも見事だ。前の週の雨のせいか、コースの何カ所かに細い川が流れていたが、水の質感がハンドルを通してわかるほどステアリングがインフォーマティブだ。前輪にパワーユニットからのキックバックがまったくないFRは、こういうところでも得をしているわけである。

ぼくなりに攻めているつもりでも、姿勢は乱れない。何をやっても大丈夫に思えるスタビリティーがある一方、ESPがファン・トゥ・ドライブの邪魔をする気配もない。今は同業だが、「ユーノス・ロードスター」のハンドリングを創った元マツダエンジニアの立花啓毅さんにプレスルームで会ったら「いやあ、足まわり、いいねえ」と感激されていた。

ボディーサイズは、旧型に比べて全長が95mm、全幅が15mm、全高が40mmそれぞれ拡大された。
ボディーサイズは、旧型に比べて全長が95mm、全幅が15mm、全高が40mmそれぞれ拡大された。
内外装の配色は仕様(標準タイプ/スタイル/スポーツ)により異なる。写真は、「スタイル」に標準のメトロクロス/レザーコンビネーションインテリア。
内外装の配色は仕様(標準タイプ/スタイル/スポーツ)により異なる。写真は、「スタイル」に標準のメトロクロス/レザーコンビネーションインテリア。

BMW120i(FR/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】 2015.8.27 試乗記 3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 1シリーズ」の高性能モデル「M135i」に試乗した。BMW M社の血統を受け継ぐ1シリーズのフラッグシップモデルは、マイナーチェンジを受けてどこまで洗練されたのだろうか?
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
ホームへ戻る