第8回:ガソリン大好き!

2017.01.12 エッセイ
給油口のキャップには、いつの代かのオーナーの手により、2代目「バイパー」のエンブレムが貼られている。ガソリン飲むぞ! シャー。
給油口のキャップには、いつの代かのオーナーの手により、2代目「バイパー」のエンブレムが貼られている。ガソリン飲むぞ! シャー。

ついに……ついに本連載でこの話題に触れる時が来てしまった。そう。燃費のお話である。乗用車としては当時の世界最大排気量(webCGほった調べ)を誇った「ダッジ・バイパー」さまのこと、さぞや極悪であるに違いない。今、webCGがアメ車界最大のタブーに触れる!

この正月に、実家で試行錯誤してたどり着いたドライビングポジションがこちら。ちなみにディーゼルノイ・チョー・タナスカンとは、史上最強とうたわれるムエタイチャンピオンのこと。あだ名は「天を突くヒザ蹴り」。
この正月に、実家で試行錯誤してたどり着いたドライビングポジションがこちら。ちなみにディーゼルノイ・チョー・タナスカンとは、史上最強とうたわれるムエタイチャンピオンのこと。あだ名は「天を突くヒザ蹴り」。
ダッシュボード中央の上部にならぶ4連メーター。右から2番目が燃費計である。さすがに針が動いている様子を目で確かめることはできないが、けっこうな頻度で「え? もうこんなに!?」と2度見する。
ダッシュボード中央の上部にならぶ4連メーター。右から2番目が燃費計である。さすがに針が動いている様子を目で確かめることはできないが、けっこうな頻度で「え? もうこんなに!?」と2度見する。
S氏にいただいた書籍で発見した、初代「バイパー」の燃費がこちら。カタログ値がアテにならないのは世界共通?
S氏にいただいた書籍で発見した、初代「バイパー」の燃費がこちら。カタログ値がアテにならないのは世界共通?
「バイパー」のV10は2気筒同時点火なので、それぞれの片方からインジェクターを抜いた5気筒4リッターの方が、4気筒3.2リッターより現実的かもしれない。いや、やらないけど。
「バイパー」のV10は2気筒同時点火なので、それぞれの片方からインジェクターを抜いた5気筒4リッターの方が、4気筒3.2リッターより現実的かもしれない。いや、やらないけど。

カタログ値がアテにならないのは日米共通

リードで散々あおっておいて恐縮だが、まずはおわびと訂正から。
本連載の第6回で紹介した運転環境の悪さについて、この正月にドライビングポジションをああだこうだした結果、解消とまではいかないものの、ずいぶん改善されてしまった。
地味なドラポジの話なんて退屈だと思うので詳細は割愛させていただくが、結果としてハナ先の見切りの悪さが3割ほど、後側方のそれが1割ほど軽減された感じである。クラッチの操作についても、もうペダルを抜く際にディーゼルノイ・チョー・タナスカンばりのヒザ蹴りをハンドルにかます必要はなくなった。まさにいいことずくめである。
読者諸兄姉の皆さま、ドラポジはホントに大事です。まずは自戒を込めて報告させていただきます。

で、ここからが今回の本題、バイパーの燃費のお話である。

たいした数が生息しているわけでもないのに、ここ日本でもすっかり大飯食らいのイメージが定着しているわが相棒。記者が碌(ろく)を食(は)むギョーカイ内でさえ、「燃料計の針が動いているのが見える」「箱根まで出掛けたら帰ってこられない」といった都市伝説がささやかれているのだからたいしたモンである。
しかし、そもそも皆さん、このクルマの“カタログ燃費”をご存じなのだろうか? 記者はもちろん知らなんだが、第4回にてS氏よりいただいた当時の書籍を読み込んだところ、2000年モデルのそれはEPA(環境保護庁)審査値で「city/highway……12/21mpg」という記述を発見した。ようするに「下道が5.1km/リッター、高速が8.9km/リッター」である。

EPAよ。いくらなんでもサバを読みすぎだろう。少なくとも東京近郊の道路状況でこの数字を出すためには、10本あるうちの6本くらいのシリンダーからインジェクターを引っこ抜く必要がある。いやいや、心配は無用。それでも排気量は3.2リッターですから。

冗談はさておき、記者は本連載が始まる前から、「何かの役に立つかも」と思い、せっせこバイパーの走行記録をメモしてきた。次のページからは、これまでの2カ月半で記録した給油量とオドメーターの履歴、そこから算出した実燃費などを紹介させていただく。ただのメモなので、面倒くさい人は4ページ目まで飛ばしてください。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「バイパーほったの ヘビの毒にやられまして」の過去記事リストへ