BMW 540i(FR/8AT)

これまでとは一味違う 2017.01.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システムの大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。

最大で100kgの軽量化を実現

昨年フルモデルチェンジを受けた「メルセデス・ベンツEクラス」から1年を置くことなく発表された新型BMW 5シリーズ。これまでのF10系からG30系へと、形式名称も新世代のアーキテクチャーを物語るものへと改められ、中身の進化も大いに期待されるところだ。

その象徴的なエンジニアリングとして挙げられるのはシャシーの進化だ。2015年に導入されたG11系「7シリーズ」では、ピラーの芯材をカーボンに置き換えるなどして先代比で最大130kgの軽量化を達成していたが、新しい5シリーズではコストや生産効率の問題もあり、カーボンコアの採用は見送られた。それでもボンネットやトランクリッド、ドアなどのフタ物や、エンジンクロスメンバー、リアサイドメンバー、ルーフなどの構造材にはアルミを、インパネサポートにはマグネシウムを用いるなど、材料置換が隅々に行き渡っており、タイヤやホイールなどのバネ下部、内装ライナーなどの事細かな減量ともあいまって、従来型比で最大100kgの軽量化を達成したという。日本仕様の詳細は未発表ながら、F10系「523i」の車重から推するに同等のパワートレインを搭載するだろう新型の車重は1.7t前後、同様のライトウェイトデザインを採用する現行メルセデス・ベンツEクラスとほぼ同等に収まると思われる。

ちなみに新型5シリーズの車寸は全長4936mm、全幅1868mmと、従来型比で若干拡大。全車にグリルシャッターを備えるなどして稼ぎ出した0.22のCd値は、Eクラスをわずかにリードするものだ。

新型「5シリーズ」のインストゥルメントパネルまわり。「7シリーズ」と同じく、乗員のジェスチャーや音声によって各種機能を操作するシステムが用意されている。
新型「5シリーズ」のインストゥルメントパネルまわり。「7シリーズ」と同じく、乗員のジェスチャーや音声によって各種機能を操作するシステムが用意されている。
リアシートについては、従来モデルより主に足元スペースのゆとりが増している。
リアシートについては、従来モデルより主に足元スペースのゆとりが増している。
これまでの6世代で累計790万台が販売されてきたBMWの基幹車種「5シリーズ」。今回の新型は7代目のモデルにあたり、2016年10月にドイツで発表された。
これまでの6世代で累計790万台が販売されてきたBMWの基幹車種「5シリーズ」。今回の新型は7代目のモデルにあたり、2016年10月にドイツで発表された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • 「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」に充実装備の限定車NEW 2017.3.27 自動車ニュース 「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」に充実した装備が特徴の限定車「218dアクティブツアラー セレクション」が登場。パーキングサポート機能やアダプティブクルーズコントロール、オートマチックテールゲートなどが標準で搭載されている。
ホームへ戻る