BMW 540i(FR/8AT)

これまでとは一味違う 2017.01.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システムの大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。

最大で100kgの軽量化を実現

昨年フルモデルチェンジを受けた「メルセデス・ベンツEクラス」から1年を置くことなく発表された新型BMW 5シリーズ。これまでのF10系からG30系へと、形式名称も新世代のアーキテクチャーを物語るものへと改められ、中身の進化も大いに期待されるところだ。

その象徴的なエンジニアリングとして挙げられるのはシャシーの進化だ。2015年に導入されたG11系「7シリーズ」では、ピラーの芯材をカーボンに置き換えるなどして先代比で最大130kgの軽量化を達成していたが、新しい5シリーズではコストや生産効率の問題もあり、カーボンコアの採用は見送られた。それでもボンネットやトランクリッド、ドアなどのフタ物や、エンジンクロスメンバー、リアサイドメンバー、ルーフなどの構造材にはアルミを、インパネサポートにはマグネシウムを用いるなど、材料置換が隅々に行き渡っており、タイヤやホイールなどのバネ下部、内装ライナーなどの事細かな減量ともあいまって、従来型比で最大100kgの軽量化を達成したという。日本仕様の詳細は未発表ながら、F10系「523i」の車重から推するに同等のパワートレインを搭載するだろう新型の車重は1.7t前後、同様のライトウェイトデザインを採用する現行メルセデス・ベンツEクラスとほぼ同等に収まると思われる。

ちなみに新型5シリーズの車寸は全長4936mm、全幅1868mmと、従来型比で若干拡大。全車にグリルシャッターを備えるなどして稼ぎ出した0.22のCd値は、Eクラスをわずかにリードするものだ。

新型「5シリーズ」のインストゥルメントパネルまわり。「7シリーズ」と同じく、乗員のジェスチャーや音声によって各種機能を操作するシステムが用意されている。
新型「5シリーズ」のインストゥルメントパネルまわり。「7シリーズ」と同じく、乗員のジェスチャーや音声によって各種機能を操作するシステムが用意されている。
リアシートについては、従来モデルより主に足元スペースのゆとりが増している。
リアシートについては、従来モデルより主に足元スペースのゆとりが増している。
これまでの6世代で累計790万台が販売されてきたBMWの基幹車種「5シリーズ」。今回の新型は7代目のモデルにあたり、2016年10月にドイツで発表された。
これまでの6世代で累計790万台が販売されてきたBMWの基幹車種「5シリーズ」。今回の新型は7代目のモデルにあたり、2016年10月にドイツで発表された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW 5シリーズ 2017.1.12 画像・写真 BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。販売は2月11日に開始する。「BMW GROUP Tokyo Bay」(東京都江東区)で行われた発表会の様子を、写真で紹介する。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る