隔世の進化を遂げたシャシーと運転支援システム

サスペンションは先代に引き続きフロントがダブルウイッシュボーン、リアが5リンクだが、刷新された車台に合わせてジオメトリーは完全な新設計となり、アルミ部品の多用により軽量・高剛性化が図られている。またモーターを用いた電動式のアンチロールスタビライザーが電子制御可変ダンパーに組み合わされる「アダプティブ・ドライブ」については、その協調制御がコーナリング時の姿勢を安定させるだけでなく、直進時の微小なロールも低減させるなど、作動領域が通常走行にも広げられている。他にもオプションの「インテグレーテッド・アクティブステアリング」には正相・逆相の両方向に働く後輪操舵機能を備えるなど、シャシーまわりの先進化は著しい。

それと併せて一気にアップデートされたのが先進運転支援システム=ADAS系の装備だ。アクティブ・クルーズ・コントロール(ACC)はセンシング能力や制御アルゴリズムそのものが刷新されただけでなく、制限速度標識の情報と連動する機能を備えるなどリアルワールドでの有用性が高まっている。レーンキープ関連ではアクティブな介入機能が加わったことで、通常のライントレースや緊急回避の操舵アシスト、さらにはウインカーレバーの長押しと連動するレーンチェンジなど、さまざまなファンクションが新たに備わった。これまでBMWはドライバーの責任領域としてステアリングアシストにはあえて消極的な姿勢だったが、ここにきての積極採用は時代の要請でもあり、彼らなりの目途(めど)も立ててのことだろう。ともあれADASについては新型5シリーズ、最先端の領域に達したと言って差し支えない。

サスペンションは前がダブルウイッシュボーン、後ろが5リンクと、形式こそ従来モデルと同じものの、設計は一新されている。
サスペンションは前がダブルウイッシュボーン、後ろが5リンクと、形式こそ従来モデルと同じものの、設計は一新されている。
タイヤサイズは225/55R17が標準だが、仕様に応じて18インチや19インチ、20インチのタイヤおよびホイールも用意されている。
タイヤサイズは225/55R17が標準だが、仕様に応じて18インチや19インチ、20インチのタイヤおよびホイールも用意されている。
ステアリングホイールに備わる、アダプティブ・クルーズ・コントロールの操作スイッチ。
ステアリングホイールに備わる、アダプティブ・クルーズ・コントロールの操作スイッチ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る