走って楽しい“だけ”ではない

ごく少ない操舵量から即座にヨーが立ち上がり、ビビッドに車体が反応する。そんなステレオタイプなBMWのイメージから、新しい5シリーズは一線を画そうとしているのかもしれない。そう思ったのは、アクセルにブレーキそしてステアリングと、標準的なドライブモード設定での操作ものの初期ゲインが、やや鈍(なま)されたものとなっていたからだ。そこからの操作量に対する応答感は十分にクイックながら、従来型と比べればその推移はやや線形的になっただろうか。アクティブステアを最初に採り入れたE60系時代は性急なドライブフィールに賛否が割れたものだが、そのスイッチライクな印象はもはや忘れられるほどに穏やかになっている。あるいは機械側に操作を委ねるADASとの協調を考えると、余りに急激なゲインの立ち上がりは乗員の不安要素につながる。その辺りも走りのタッチが和らいだ一因だろうか。

そのADAS系装備の出来栄えは、これまた今までのBMWとは一線を画する見事なものだった。ACCの追従時における減速や再加速の滑らかさやタイムラグの少なさ、レーンキープや車線変更での穏やかで無駄のない動きをみるに、それらは機能の正確な作動という域を超えて乗員に作動を感じさせないというステージで調律が施されているようにうかがえる。試乗では右に曲がりながら左に車線変更するなど、随分と意地悪なことも試してみたが、そのロバストネスも非常に高いところにあるようだ。

大胆な軽量化やライバルのベンチマークたる高効率エンジン……と、それらが目指すところは、「駆けぬける歓び」をいかにサスティナブルなものとするか、だ。BMWには恐らくそういうビジョンがあるのだろう。新しい5シリーズは単にコーナーを曲がって楽しいというだけのクルマではない。特にADAS系の長足の進歩をみるに、彼らがあらゆる手を尽くしてクルマのダイナミックレンジを多面的に広げていることを実感させられた。

(文=渡辺敏史/写真=BMW/編集=堀田剛資)

新型「5シリーズ」には2種類のソリッド系、11種類のメタリック系の外装色が用意されている。オーダーメイドサービス「BMWインディビジュアル」の色も含めると、全21種類の中から外装色を選ぶことができる。
新型「5シリーズ」には2種類のソリッド系、11種類のメタリック系の外装色が用意されている。オーダーメイドサービス「BMWインディビジュアル」の色も含めると、全21種類の中から外装色を選ぶことができる。
従来モデル同様、シフトセレクターや走行モードの切り替えボタン、インフォテインメントシステムのコントローラーなどは、センターコンソールにまとめて配置されている。
従来モデル同様、シフトセレクターや走行モードの切り替えボタン、インフォテインメントシステムのコントローラーなどは、センターコンソールにまとめて配置されている。
ラゲッジルームの容量は530リッター。後席には3分割可倒機構が備えられている。
ラゲッジルームの容量は530リッター。後席には3分割可倒機構が備えられている。
「540i」の動力性能については、0-100km/h加速が5.1秒、最高速が250km/hと公称されている。
「540i」の動力性能については、0-100km/h加速が5.1秒、最高速が250km/hと公称されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る