【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開

2017.01.11 自動車ニュース
新型「トヨタ・カムリ」
新型「トヨタ・カムリ」

トヨタ自動車は2017年1月9日(現地時間)、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、新型「カムリ」を世界初公開した。

 
【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開の画像
 
【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開の画像
 
【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開の画像
 
【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開の画像
 
【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開の画像
 
【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開の画像

北米におけるベストセラーセダンがモデルチェンジ

トヨタのミドルサイズセダンであるカムリは、世界10カ所の工場で生産され、100以上の国と地域で販売されるグローバルモデルである。これまでの累計販売台数は1800万台を超え、特に主要マーケットであるアメリカでは、乗用車セグメントにおいて15年連続で最多販売車種の座を守り続けている。2011年8月以来、約5年半ぶりにフルモデルチェンジされた今回の新型は、1982年に誕生した初代から数えて8代目、前身となった「セリカカムリ」から数えて9代目のモデルにあたり、トヨタの新たなクルマづくりのコンセプト「TNGA」に基づいて開発された。日本市場には2017年夏ごろの投入が予定されている。

開発に際しては、走りや乗り心地といった基本性能の向上と、先進技術・機能を通じて環境性能や安全性をさらに高めていくことに加え、これらの要素の追求を通して「お客さまの五感に訴えるクルマに昇華させる」ことをテーマとして標榜。これまで培ってきた品質や耐久性、信頼性、実用性に磨きをかけるだけでなく、世界中のユーザーの心を揺さぶり、所有したり操ったりすることで喜びや感動を提供できるクルマを目指したという。

エクステリアデザインは、トヨタ独自のフロントフェイス「キーンルック」を進化させたという、スリムなアッパーグリルと大きなロアグリルを対比させたフロントマスクが特徴。ボディーサイズ(アメリカ仕様)は全長×全幅×全高が191.3×72.4×56.7インチ(=4859×1839×1440mm)、ホイールベースが111.2インチ(=2824mm)と、従来モデルよりもやや長く、幅広くなった一方で、高さは低められている。また、TNGA世代の新プラットフォームの採用により、エンジンフードと全高を低く抑えながらも、後席の頭上空間は十分に確保しているという。

一方、インテリアでは前方視界に優れたインストゥルメントパネルの形状と、広々とした車内空間の両立を重視。インターフェイスについてはカラーヘッドアップディスプレイとメーターパネル内のマルチインフォメーションディスプレイ、8インチオーディオビジュアルナビゲーションシステムを相互にリンクさせることで操作性を向上させたほか、デザインの上でもフラッシュサーフェイスの表示パネルにより未来感を演出しているという。

新世代の直噴エンジンを初採用

新型カムリに採用される「GA-K」プラットフォームは、TNGAに基づいて設計された最新世代のもので、従来のものよりボディーやフロアの剛性強化、低重心化、エンジンマウント位置の見直しなどが図られている。またリアサスペンションの設計も改められており、操縦安定性や乗り心地などの性能が幅広く向上している。

パワープラントも従来モデルから一新しており、高い走行性能と環境性能の両立をうたうトヨタの新世代エンジン「Dynamic Force Engine」を初採用。純ガソリンモデル、ハイブリッドモデルともに2.5リッター直4直噴ガソリンエンジンを搭載しており、世界トップレベルの熱効率を達成するとともに、レスポンスやトルクを向上させたことで燃費と動力性能の大幅な向上を実現したという。

また2.5リッターガソリンモデルには、エンジンと同じくトヨタの次世代技術戦略を担う新型トランスミッション「Direct Shift-8AT」を搭載。世界トップレベルの伝達効率に加え、多段化とロックアップ領域の拡大によりドライバーの意のままに反応する走りもかなえているという。一方、ハイブリッドモデルについても、先述の新エンジンに新開発の2.5リッター用「トヨタハイブリッドシステム(THS II)」を組み合わせることで、優れた動力性能と低燃費を両立している。

安全装備については、歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティーをはじめとした4つの機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティーセンスP」を採用している。

(webCG)
 

関連記事
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • デトロイトショー2017(その3) 2017.1.16 画像・写真 トヨタ自動車は北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/2017年1月22日まで開催)で、新型「カムリ」を世界初公開した。その姿をトヨタブースの様子と併せて画像で紹介する。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
ホームへ戻る