三菱、「アウトランダー」を一部改良

2011.10.13 自動車ニュース

三菱、「アウトランダー」を一部改良

三菱自動車は2011年10月13日、ミッドサイズSUV「アウトランダー」のグレード展開を見直すとともに、仕様を一部変更し、発売した。

今回、グレード展開が見直され、ベーシックグレード「20M」の4WD車と最上級グレード「24Gプレミアム」(4WDのみ)が廃止された。新ラインナップは、FF車が「20M」「20G」「ROADEST 20G」の3タイプ、4WD車は「20G」「24G」「ROADEST 20G」「ROADEST 24G」の4タイプ。「24G」には、従来「24Gプレミアム」の標準装備だったプレミアム内装がオプションで用意される。

一部改良の内容としては、新たに3.3インチカラー液晶モニター内蔵の「リアビューモニター付きルームミラー」が全モデルにメーカーオプションで設定された。これは後続車のヘッドライトの光を感知し、光の反射を調整する自動防眩(ぼうげん)機能と、シフトポジションを「R」にするとルームミラー内蔵のモニターが後方の様子を映し出す機能を備えたもの。

また走行中にアクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んだ場合にブレーキを優先する「ブレーキオーバーライド」が全車に標準装備され、安全性の向上が図られた。

価格は、以下のとおり。
・20M(FF):215万2000円
・20G(FF):241万3000円
・20G(4WD):263万4000円
・24G(4WD):268万8000円
・ROADEST 20G(FF):265万5000円
・ROADEST 20G(4WD):287万5000円
・ROADEST 24G(4WD):293万円


(webCG 曽宮)

「三菱アウトランダー24G」
「三菱アウトランダー24G」
「ROADEST」の外観
「ROADEST」の外観
「24G」のイントゥルメントパネル
「24G」のイントゥルメントパネル
「20M」のインテリア
「20M」のインテリア

関連キーワード:
アウトランダー三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ(4WD)【試乗記】 2015.8.20 試乗記 大規模な改良を受けて実力を上げた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗した。フロントデザインが改められただけでなく、乗り心地や操縦安定性も磨かれたという新型の走りやいかに? 最上級グレードの「Gプレミアムパッケージ」のステアリングを握った。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
ホームへ戻る