三菱、「アウトランダー」を一部改良

2011.10.13 自動車ニュース

三菱、「アウトランダー」を一部改良

三菱自動車は2011年10月13日、ミッドサイズSUV「アウトランダー」のグレード展開を見直すとともに、仕様を一部変更し、発売した。

今回、グレード展開が見直され、ベーシックグレード「20M」の4WD車と最上級グレード「24Gプレミアム」(4WDのみ)が廃止された。新ラインナップは、FF車が「20M」「20G」「ROADEST 20G」の3タイプ、4WD車は「20G」「24G」「ROADEST 20G」「ROADEST 24G」の4タイプ。「24G」には、従来「24Gプレミアム」の標準装備だったプレミアム内装がオプションで用意される。

一部改良の内容としては、新たに3.3インチカラー液晶モニター内蔵の「リアビューモニター付きルームミラー」が全モデルにメーカーオプションで設定された。これは後続車のヘッドライトの光を感知し、光の反射を調整する自動防眩(ぼうげん)機能と、シフトポジションを「R」にするとルームミラー内蔵のモニターが後方の様子を映し出す機能を備えたもの。

また走行中にアクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んだ場合にブレーキを優先する「ブレーキオーバーライド」が全車に標準装備され、安全性の向上が図られた。

価格は、以下のとおり。
・20M(FF):215万2000円
・20G(FF):241万3000円
・20G(4WD):263万4000円
・24G(4WD):268万8000円
・ROADEST 20G(FF):265万5000円
・ROADEST 20G(4WD):287万5000円
・ROADEST 24G(4WD):293万円


(webCG 曽宮)

「三菱アウトランダー24G」
「三菱アウトランダー24G」 拡大
「ROADEST」の外観
「ROADEST」の外観 拡大
「24G」のイントゥルメントパネル
「24G」のイントゥルメントパネル 拡大
「20M」のインテリア
「20M」のインテリア 拡大

関連キーワード:
アウトランダー三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
  • 間もなく発売となる新型「スバル・フォレスター」
    洗練化の陰で失われた“伝統の技術”とは!?
    2018.6.20 デイリーコラム スバルのクロスオーバーSUV「フォレスター」の新型が間もなく発売される。5代目となる新型ではクルマ全体の水準が大きく引き上げられた一方で、初代からの伝統であった象徴的な装備が失われていることをご存じだろうか? 自動車ライター、大音安弘が解説する。
  • 三菱アウトランダー24G Navi Package(4WD/CVT)【試乗記】 2012.12.11 試乗記 三菱アウトランダー24G Navi Package(4WD/CVT)
    ……310万円

    国産、輸入車問わず、無数のモデルがひしめき合う日本のミドルサイズSUV市場。激しい競争を勝ち抜くために新型「アウトランダー」が身に付けた魅力を探る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る