三菱、「アウトランダー」を一部改良

2011.10.13 自動車ニュース

三菱、「アウトランダー」を一部改良

三菱自動車は2011年10月13日、ミッドサイズSUV「アウトランダー」のグレード展開を見直すとともに、仕様を一部変更し、発売した。

今回、グレード展開が見直され、ベーシックグレード「20M」の4WD車と最上級グレード「24Gプレミアム」(4WDのみ)が廃止された。新ラインナップは、FF車が「20M」「20G」「ROADEST 20G」の3タイプ、4WD車は「20G」「24G」「ROADEST 20G」「ROADEST 24G」の4タイプ。「24G」には、従来「24Gプレミアム」の標準装備だったプレミアム内装がオプションで用意される。

一部改良の内容としては、新たに3.3インチカラー液晶モニター内蔵の「リアビューモニター付きルームミラー」が全モデルにメーカーオプションで設定された。これは後続車のヘッドライトの光を感知し、光の反射を調整する自動防眩(ぼうげん)機能と、シフトポジションを「R」にするとルームミラー内蔵のモニターが後方の様子を映し出す機能を備えたもの。

また走行中にアクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んだ場合にブレーキを優先する「ブレーキオーバーライド」が全車に標準装備され、安全性の向上が図られた。

価格は、以下のとおり。
・20M(FF):215万2000円
・20G(FF):241万3000円
・20G(4WD):263万4000円
・24G(4WD):268万8000円
・ROADEST 20G(FF):265万5000円
・ROADEST 20G(4WD):287万5000円
・ROADEST 24G(4WD):293万円


(webCG 曽宮)

「三菱アウトランダー24G」
「三菱アウトランダー24G」
「ROADEST」の外観
「ROADEST」の外観
「24G」のイントゥルメントパネル
「24G」のイントゥルメントパネル
「20M」のインテリア
「20M」のインテリア
関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • 三菱、「アウトランダー」を一部改良し発売 2017.2.16 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月16日、SUV「アウトランダー」に一部改良を実施するとともに、新グレード「20Gナビパッケージ」を設定し、同年3月2日に発売すると発表した。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 三菱アウトランダー G7人乗り(4WD/CVT)【試乗記】 2007.6.7 試乗記 三菱アウトランダー G7人乗り(4WD/CVT)
    ……330万3050円

    街乗り中心のSUVといわれる三菱アウトランダー。その電子制御4WDは、オフロードでどんな走りを見せるのか? 本格的なテストコースで試した。
  • 新型「三菱アウトランダー」 2012.3.6 画像・写真 ジュネーブモーターショーで発表された「三菱アウトランダー」(欧州仕様)の姿を写真で紹介する。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場NEW 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る