マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)

より自然に スマートに 2017.01.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースでの試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。

ラインナップの基本構成は変わらず

躍進著しいマツダが放つ、待望のミドルサイズSUVこと新型「CX-5」。今回は、これを同社の北海道テストコースである剣淵試験場で試した。取材の主な目的は「i-ACTIV AWD」の性能チェックだったが、新型CX-5の試乗リポートはwebCGでも初登場なだけに、まずはその仕様を軽くおさらいしよう。

グレード体系は先代同様、3種類のエンジンを基本としている。2リッターのガソリンエンジン(155ps/20.0kgm)を搭載した「20S」はFFモデルのみで、2.5リッターガソリンエンジン(190ps/25.6kgm[4WD車は25.0kgm])の「25S」と、2.2リッターのディーゼルエンジン(175ps/42.8kgm)を搭載する「XD」はFFと4WDの2本立て。それぞれに標準車と、アダプティブLEDヘッドライトやレーンキープアシストシステム、ブラインドスポットモニタリング、ドライバーアテンションアラートなどの安全装備を備えた「プロアクティブ」、さらにレザーシートやフロントパワーシートなどが標準となる「Lパッケージ」が存在する。ちなみに、車両安定装置であるDSC(横滑り防止装置)やTCS(トラクションコントロールシステム)、衝突被害軽減ブレーキなどは全車標準装備だ。

マツダの新世代商品群の第1弾として、2012年に誕生したミドルサイズSUVの「CX-5」。2代目となる新型は、2016年11月のロサンゼルスオートショーで世界初公開された。
マツダの新世代商品群の第1弾として、2012年に誕生したミドルサイズSUVの「CX-5」。2代目となる新型は、2016年11月のロサンゼルスオートショーで世界初公開された。
従来モデルから大きく意匠が変わったヘッドランプ。上級グレードには、12個のLED光源を個別に制御し、他車の眩惑(げんわく)を防ぎつつ夜間の視認性を高める「アダプティブLEDヘッドライト」が装備される。
従来モデルから大きく意匠が変わったヘッドランプ。上級グレードには、12個のLED光源を個別に制御し、他車の眩惑(げんわく)を防ぎつつ夜間の視認性を高める「アダプティブLEDヘッドライト」が装備される。
今回のテストでは、ディーゼルモデルの最上級グレード「XD Lパッケージ」のFF車と4WD車に試乗した。
今回のテストでは、ディーゼルモデルの最上級グレード「XD Lパッケージ」のFF車と4WD車に試乗した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る