マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)

より自然に スマートに 2017.01.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースでの試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。

ラインナップの基本構成は変わらず

躍進著しいマツダが放つ、待望のミドルサイズSUVこと新型「CX-5」。今回は、これを同社の北海道テストコースである剣淵試験場で試した。取材の主な目的は「i-ACTIV AWD」の性能チェックだったが、新型CX-5の試乗リポートはwebCGでも初登場なだけに、まずはその仕様を軽くおさらいしよう。

グレード体系は先代同様、3種類のエンジンを基本としている。2リッターのガソリンエンジン(155ps/20.0kgm)を搭載した「20S」はFFモデルのみで、2.5リッターガソリンエンジン(190ps/25.6kgm[4WD車は25.0kgm])の「25S」と、2.2リッターのディーゼルエンジン(175ps/42.8kgm)を搭載する「XD」はFFと4WDの2本立て。それぞれに標準車と、アダプティブLEDヘッドライトやレーンキープアシストシステム、ブラインドスポットモニタリング、ドライバーアテンションアラートなどの安全装備を備えた「プロアクティブ」、さらにレザーシートやフロントパワーシートなどが標準となる「Lパッケージ」が存在する。ちなみに、車両安定装置であるDSC(横滑り防止装置)やTCS(トラクションコントロールシステム)、衝突被害軽減ブレーキなどは全車標準装備だ。

マツダの新世代商品群の第1弾として、2012年に誕生したミドルサイズSUVの「CX-5」。2代目となる新型は、2016年11月のロサンゼルスオートショーで世界初公開された。
マツダの新世代商品群の第1弾として、2012年に誕生したミドルサイズSUVの「CX-5」。2代目となる新型は、2016年11月のロサンゼルスオートショーで世界初公開された。
従来モデルから大きく意匠が変わったヘッドランプ。上級グレードには、12個のLED光源を個別に制御し、他車の眩惑(げんわく)を防ぎつつ夜間の視認性を高める「アダプティブLEDヘッドライト」が装備される。
従来モデルから大きく意匠が変わったヘッドランプ。上級グレードには、12個のLED光源を個別に制御し、他車の眩惑(げんわく)を防ぎつつ夜間の視認性を高める「アダプティブLEDヘッドライト」が装備される。
今回のテストでは、ディーゼルモデルの最上級グレード「XD Lパッケージ」のFF車と4WD車に試乗した。
今回のテストでは、ディーゼルモデルの最上級グレード「XD Lパッケージ」のFF車と4WD車に試乗した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
ホームへ戻る