スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)

スバラシキ進化 2017.01.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。

“勝ち組”が乗るクルマ!?

私の周囲で“スバリスト”といえば、『webCG』にも登場しているマリオ高野である。なにせ彼は数年前まで弊社(編集プロダクション)の一室に住み込んでいたから、周囲というより身内だが。なぜ住み込んでいたかというと、当時の自宅が埼玉県の辺境で大変不便であり(最寄り駅まで徒歩45分)、かつ貧乏だったからだ。貧乏は現在も継続中だが。

マリオ高野のスバル愛は、さまざまなメディアを通じ世間に広まりつつあるが、個人的には、スバリスト=マリオ高野であることが原因で、スバリスト=オタク、あるいはスバリスト=モテない、はたまたスバリスト=貧乏というイメージもできてしまったと思う。中でもマリオが愛してやまない初代「インプレッサWRX」(GC8)は、「見てくれなど一切気にしないオタクカー」という固定観念を生んだ。

ところが現在の「スバルWRX」は、価格が400万円前後に上昇。とても貧乏じゃ乗れないクルマになった。それでもよく売れており、2016年の販売台数は、「STI」と「S4」の合計で約7000台(1~11月)。この数字は、ぐっと安価な「インプレッサG4/スポーツ」の合計を大きく上回る。

男性の場合、収入とモテ度はかなりの割合で比例するのが実態であり、かつ高いモデルの方がよく売れているという事実から、スバリストの多くは「モテるお金持ちである」という答えが導かれる。

現在の富士重工すなわちスバルは、日本の自動車メーカー中最高の利益率を誇る勝ち組だが、そのスバル車を愛するスバリストたちも、人生の勝ち組になっていたのだ! マリオはその数少ない例外ということか。

スバルのモータースポーツ活動を担うSTIが手がけた、コンプリートカー「WRX S4 tS」。2016年10月4日から2017年3月12日までの期間限定(台数は無制限)で販売される。
スバルのモータースポーツ活動を担うSTIが手がけた、コンプリートカー「WRX S4 tS」。2016年10月4日から2017年3月12日までの期間限定(台数は無制限)で販売される。
インテリアの様子。ブラックを基調に、チェリーレッドのアクセントカラーでドレスアップされる。
インテリアの様子。ブラックを基調に、チェリーレッドのアクセントカラーでドレスアップされる。
バケットタイプのレカロ製フロントシート。表皮には高級なセミアニリンレザーが採用されている。
バケットタイプのレカロ製フロントシート。表皮には高級なセミアニリンレザーが採用されている。
今回は、「スバルWRX S4 tS」の中でもよりスポーティーなドレスアップが施された「NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗した。写真は、その専用リアエンブレム。
今回は、「スバルWRX S4 tS」の中でもよりスポーティーなドレスアップが施された「NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗した。写真は、その専用リアエンブレム。
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.5 試乗記 6代目となり、先代よりさらにひとまわり大きくなった「スバル・レガシィ」。セダンの上級グレード「B4リミテッド」に試乗し、どのような変化を遂げたのか確かめた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・レガシィB4(4WD/CVT)/レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2014.11.13 試乗記 商品ラインナップから見直された、6代目の「スバル・レガシィ」。その仕上がりは……? セダン「B4」とクロスオーバー「アウトバック」の2モデルで確かめた。
ホームへ戻る