ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)

真のドライバーズサルーンをお望みなら 2017.01.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。

オーナードライバーのために

2016年3月のジュネーブでお目見えしたベントレーの最量販モデル、フライングスパーV8の高性能版である。フラッグシップの「W12」とV8の間をつなぐ、という位置付けで登場したこれは4リッターV8ツインターボが最高出力507psから528psに、最大トルクが660Nmから680Nmに強化されている。

でもって、2017年モデルのお値段は12気筒が2435万円であるのに対して、V8は1945万円、V8 Sは2100万円とお値打ちになっている。V8より155万円高くて、12気筒とは335万円の距離がある。つまり、V8を買う人に、プラス155万円で、21psと20Nm、それに0-100km/h加速が0.3秒速くなって、内外装がこんなにスポーティーになりますよ、とオススメするモデルなのだ。

飲食業界では、客単価を上げるために松竹梅とグレードを3つ設ける。3つあると真ん中の竹が売れるそうなのだ。で、フライングスパーV8 Sの場合は、ショーファーに運転を任せるのではなくて、自分でステアリングを握る、よりエンスージアスティックな、ベントレー本来のオーナードライバーのための4ドアサルーンなのである、ということになるだろう。

外観はマトリックスグリルと呼ばれる例の餅焼き網グリルがグロスブラック仕上げになってすごみを増し、グリルの下のバンパーがF1のフロントウイングみたいなデザインになる。V8では19インチが標準なのに対して、V8 Sは20インチのホイールに格上げされる。ただし、テスト車はオプションの21インチを履いていて、足元がいっそうキリリとしている。

タイヤは275/35ZR21のピレリP ZEROだ。これって「フェラーリF40」で登場したブランドである。SUVみたいに径がでかくて、スーパーカーのように超偏平。ホイールの形状のせいか、マテルのホットロッドみたい、と筆者は思った。

視線を後ろにズラしていくと、エッジの立ったリアフェンダーの盛り上がりで目が止まる。1950~60年代のフライングスパーを思い起こさせる。現行モデルのデザイン上のハイライトである。

「フライングスパーV8 S」は、フラッグシップの「W12」と「V8」との中間を担うモデルとして2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された。
「フライングスパーV8 S」は、フラッグシップの「W12」と「V8」との中間を担うモデルとして2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された。
「フライングスパーV8 S」のインテリア。ピアノブラックのウッドパネルとスポーツステアリングホイールが標準で備わるほか、シフトセレクターとシフトパドルにはローレット(ギザギザ)加工が施されている。
「フライングスパーV8 S」のインテリア。ピアノブラックのウッドパネルとスポーツステアリングホイールが標準で備わるほか、シフトセレクターとシフトパドルにはローレット(ギザギザ)加工が施されている。
528psと680Nm(69.3kgm)を生み出す4リッターV8ツインターボエンジン。
528psと680Nm(69.3kgm)を生み出す4リッターV8ツインターボエンジン。
試乗車のボディーカラーは「ホワイト・サンド」。
試乗車のボディーカラーは「ホワイト・サンド」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フライングスパーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • 第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
    輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~
    2017.3.22 特集 ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
ホームへ戻る