「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場

2017.01.12 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU」。ボディーカラーは新色のクリアブルークリスタルシャイン。
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU」。ボディーカラーは新色のクリアブルークリスタルシャイン。

トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。

 
「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場の画像
 
「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場の画像
 
「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場の画像
 
「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場の画像

ハイブリッドモデルの燃費は34.4km/リッター

今回のマイナーチェンジでは、ハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。

新たに設定されたハイブリッドモデルは、リダクション機構付きのハイブリッドシステム「THS II」を搭載。最高出力74ps/4800rpm、最大トルク11.3kgm/3600-4400rpmの1.5リッター直4エンジンに、同61ps/同17.2kgmを発生するモーターを組み合わせ、システム全体では100psを発生する。JC08モードの燃費は、34.4km/リッターを実現している。駆動用のニッケル水素バッテリーはリアシートの下に配置され、居住空間や荷室は、純ガソリンモデルと同等の容積が確保される。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3945×1695×1500mmで、ホイールベースは2510mmと、全長は従来型よりも60mm長くなっている。また、新構造のショックアブソーバーの採用や、ボディー各部のスポット溶接増し打ち、インストゥルメントパネルまわりのブレースの板厚アップなどにより、優れた操縦安定性と乗り心地を実現したという。

エクステリアにも大幅な改良が加えられており、フロントは、バンパー、ロアグリル、ヘッドランプ、フォグランプカバーに新デザインを採用。ワイド&ローの構えを強調することで、ダイナミックで低重心な印象が強調されている。リアについては、ドア、ドアガーニッシュ、コンビネーションランプ、バンパー、ワイパーに手が加えられ、フロントと同様、ワイド&ローなデザインに。ホイールのデザインも一新された。ボディーカラーは、新色のクリアブルークリスタルシャイン(オプション)とアバンギャルドブロンズメタリックを含む全17色が用意される。インテリアについては、装飾部品をブラックで統一することで、より洗練された室内空間を実現したという。

安全装備の強化も図られており、従来モデルに続いて、主要グレードに衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」が搭載されるほか、新たにヒルアシストコントロールが全車に標準装備された。

価格は、ガソリンモデルが「F“Mパッケージ”」(FF車)の118万1520円から、「U“スポーティーパッケージ”」(FF車)の195万2640円まで。ハイブリッドモデルは、「ハイブリッドF」(FF車)の181万9800円から、「ハイブリッドU“スポーティーパッケージ”」(FF車)の223万7760円まで。

(webCG)

 

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • トヨタが新たなスポーツブランド「GR」を発表 2017.9.19 自動車ニュース
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記