フェラーリ、「458スパイダー」を日本初公開

2011.10.12 自動車ニュース
発表会は東京都港区芝公園にある増上寺で行われ、境内に実車が展示された。
フェラーリ、「458スパイダー」を発売

フェラーリ、「458スパイダー」を日本初公開

フェラーリ・ジャパンは2011年10月12日、オープンタイプのミドシップスポーツカー「フェラーリ458スパイダー」を日本で初公開した。

発表会にはフェラーリ・ジャパンのハーバート・アプルロス代表取締役ジェネラル・マネージャー(右)のほか、フェラーリ本社のミケーレ・コメッリ プロダクト・マーケティング・マネージャーも出席した。
発表会にはフェラーリ・ジャパンのハーバート・アプルロス代表取締役ジェネラル・マネージャー(右)のほか、フェラーリ本社のミケーレ・コメッリ プロダクト・マーケティング・マネージャーも出席した。
 
フェラーリ、「458スパイダー」を日本初公開の画像
570psを発生する4.5リッターのV8を搭載。7段のF1デュアルクラッチトランスミッションが組み合わされる。
570psを発生する4.5リッターのV8を搭載。7段のF1デュアルクラッチトランスミッションが組み合わされる。

「458スパイダー」は2011年9月のフランクフルトモーターショーで発表されたばかり。従来、日本でのお披露目は欧米より数カ月以上遅れることが多かったが、「日本はフェラーリにとって重要な市場。お客様を半年も1年も待たせるわけにはいかない」(フェラーリ・ジャパン ハーバート・アプルロス代表取締役ジェネラル・マネージャー)との考えから、本国イタリアやドイツと足並みをそろえた“スピード公開”が実現した。フェラーリにとって主要市場であるアメリカ、イギリス、中国では、現時点で未発売という。

価格は3060万円で、初回の納車は2011年12月を予定している。日本向けの当面の割り当て分(台数は未発表)は、フランクフルトショーでの発表から1週間で完売したという。円高を考慮した商品価格体系の見直しは「フェラーリは高級品という性格上、為替に応じて価格の改定を行うべきではない」(アプルロス氏)との考えから行っていないものの、アイドリングストップ機能の採用や高効率パーツの使用によって燃費性能を改善する“HELE”システムを標準装備としたり、7年間のフリーメンテナンスプログラムを標準で付与したりすることで顧客満足度の向上をはかりたいとしている。なお“HELE”システムは、他のフェラーリ車でも2012年モデルから標準化される予定。

これまでフェラーリのスパイダーモデルには布製のソフトトップが用いられることが多かったが、458スパイダーには2分割タイプのアルミ製ハードトップが採用された。従来のソフトトップと比較して約25kg軽量になっており、開閉に必要な時間もそれぞれ約14秒にまで短縮された。キャビンの背後にあるハードトップの収納スペースは100リッターとコンパクトに抑えられたおかげで、シートの後方には十分な余裕が生まれた。標準サイズのゴルフバッグなら1個の収納が可能という。

エンジンは「458イタリア」と同じ570psを発生する4.5リッターのV8。7段のF1デュアルクラッチトランスミッションを搭載し、0-100km/h加速は3.4秒未満、最高速は320km/hと発表されている。

(webCG 竹下)

 
フェラーリ、「458スパイダー」を日本初公開の画像
ルーフはアルミのリトラクタブルタイプ。開閉にかかる時間はそれぞれ約14秒と発表されている。
ルーフはアルミのリトラクタブルタイプ。開閉にかかる時間はそれぞれ約14秒と発表されている。
 
フェラーリ、「458スパイダー」を日本初公開の画像
関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編) 2016.5.26 mobileCG SUPER GTやD1グランプリで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が「フェラーリ・カリフォルニアT」に試乗。意外やフェラーリを操るのは今回が初めてという谷口。雨の箱根で560psの跳ね馬の手綱を引いた感想は?
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
ホームへ戻る