【東京オートサロン2017】トヨタ、GT3カテゴリーとWRCでの戦いに意欲

2017.01.13 自動車ニュース
GT3カテゴリーのレースを戦う、レクサスのニューマシン「RC F GT3」。
GT3カテゴリーのレースを戦う、レクサスのニューマシン「RC F GT3」。拡大

トヨタ自動車は2017年1月13日、「東京オートサロン2017」の会場でプレスカンファレンスを開催し、新たに開発したレーシングマシン「レクサスRC F GT3」を世界初公開した。

会場では、開発ドライバーの飯田 章と立川祐路が登壇。アンベールに臨んだ。
会場では、開発ドライバーの飯田 章と立川祐路が登壇。アンベールに臨んだ。拡大
こちらはTOYOYA GAZOO Racingブース。最も目立つ場所に、今季のWRCに参戦する「ヤリスWRC」が展示された。
こちらはTOYOYA GAZOO Racingブース。最も目立つ場所に、今季のWRCに参戦する「ヤリスWRC」が展示された。拡大
「ヤリスWRC」の後方には、「セリカ ツインカムターボ」をはじめとする往年のWRカー3台が並べられた。
「ヤリスWRC」の後方には、「セリカ ツインカムターボ」をはじめとする往年のWRカー3台が並べられた。拡大
「トヨタC-HR Racing」。2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、総合83位で完走した。
「トヨタC-HR Racing」。2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、総合83位で完走した。拡大

今年のトヨタは、TOYOYA GAZOO RacingとLEXUS GAZOO Racingのブースを併設。後者の“レクサス側”で、プレス向けのカンファレンスを行った。

一番の目玉は、高性能クーペ「レクサスRC F」をベースに開発したモータースポーツ専用マシン「RC F GT3」。会場では、開発ドライバーを務めた飯田 章と立川祐路の2人がアンベールを行った。2017年シーズンは、北米のIMSAウェザーテック スポーツカー チャンピオンシップ(GTDクラス)に2台、日本のSUPER GT(GT300クラス)にも2台のRC F GT3がエントリーする予定で、トヨタとしても、これまで以上にカスタマースポーツの発展に力を注ぐという。

レクサスブースでは、このほかに、ヘイキ・コバライネンと平手晃平のドライブで2016年のSUPER GT(GT500クラス)を制したNo.39 DENSO KOBELCO SARD RC Fや、2017年シーズンの同GT500クラスを戦うニューマシン「レクサスLC500」が出展された。

一方、TOYOYA GAZOO Racingのブースは、今シーズンの世界ラリー選手権(WRC)に参戦する「ヤリスWRC」や、「セリカ ツインカムターボ」(1985年)、「セリカGT-Four」(1990年)など歴代WRカーを展示。久々の“WRC返り咲き”に対する意欲は感じられたものの、毎年恒例となっていた豊田章男社長のあいさつや、レーシングドライバーのトークショーは見られなかった。

WRマシン以外には、2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースを戦った「C-HR Racing」や、TOYOYA GAZOO Racing 86/BRZ Raceの参戦車両「86 Racing」なども展示され、スポーツ色あふれるブースに華を添えた。

(webCG 関)

→トヨタ/レクサスブースの詳しい写真はこちら

関連キーワード:
RC FC-HRレクサストヨタ東京オートサロン2017イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • レクサスRC F(FR/8AT)【試乗記】 2015.2.10 試乗記 「笑顔になれるスポーツカー」をキーワードに開発したという、レクサスのハイパフォーマンスモデル「RC F」。乗ってみたら、どうだった? その実像を報告する。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にシルバーでドレスアップした限定車 2018.6.9 自動車ニュース FCAジャパンは2018年6月9日、「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」をベースとした特別仕様車「クアドリフォリオ アルジェント」を設定し、30台の台数限定で発売した。価格は1139万円。
  • レクサスのスポーツセダン「IS」がマイナーチェンジ 2016.10.20 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年10月20日、レクサスブランドのスポーツセダン「IS」をマイナーチェンジ。同日、販売を開始した。各部のデザインが変更された最新型では、“ISのDNA”とされる「運転の楽しさ」についても熟成を図ったという。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に充実装備の特別仕様車 2018.6.8 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に、充実した装備が魅力の特別仕様車「ダイナミック」が登場した。MT仕様とDSG仕様の両方が用意されるが、前者については販売台数は100台のみ。またMTモデルのゴルフGTIはこれが最終仕様となる。
ホームへ戻る