【東京オートサロン2017】ダンロップ、新タイヤ「ル・マンV」をアピール

2017.01.13 自動車ニュース
ダンロップの新製品「ル・マンV」と、住友ゴム工業執行役員の増田栄一氏(写真向かって左)、専務執行役員の西 実氏(同右)。
ダンロップの新製品「ル・マンV」と、住友ゴム工業執行役員の増田栄一氏(写真向かって左)、専務執行役員の西 実氏(同右)。

住友ゴム工業は2017年1月13日、東京オートサロン2017(開催期間:2017年1月13日~15日)にダンロップブランドのブースを出展。プレスカンファレンスにおいて、同年2月に発売する新製品「ダンロップ・ル・マンV(ファイブ)」を紹介した。

「ダンロップ・ル・マンV」
「ダンロップ・ル・マンV」
「ル・マンV」に投入された技術の解説コーナー。ブースでは、スポーツタイヤ「DIREZZA」シリーズの技術についても展示されていた。
「ル・マンV」に投入された技術の解説コーナー。ブースでは、スポーツタイヤ「DIREZZA」シリーズの技術についても展示されていた。
「ル・マンV」と同じく、2016年12月に発表されたスポーツタイヤ「DIREZZA Z III」。
「ル・マンV」と同じく、2016年12月に発表されたスポーツタイヤ「DIREZZA Z III」。
東京オートサロン2017におけるダンロップブースの様子。
東京オートサロン2017におけるダンロップブースの様子。

ブースにはラリーカーやレーシングカーの姿も

ダンロップの「ル・マン」シリーズは、1982年のデビューから35年、14世代にわたり販売されてきたコンフォートタイヤである。ル・マンVはその15世代目の製品として、2016年12月に発表された。ダンロップは同製品について、“当たり前性能”としてすべての低燃費タイヤで実現しているロングライフ性能、省燃費性能(低転がり抵抗性能)に加え、乗り心地や静粛性といった付加価値性能も追求。各性能を従来モデルから大幅に高め、「実感できる快適性能」を実現したという。

開発に際しては、「SHINOBIテクノロジー」と呼ばれる新開発のタイヤ骨格を採用。サイドウオール全体がたわむことで路面からの衝撃を吸収するプロファイル(タイヤ断面)形状や、よりブロック数を増やしたトレッドパターン、四角ではなく丸い形で路面に触れる接地面形状などにより制振性を改善。またタイヤ内部に「サイレントコア」と呼ばれる特殊吸音スポンジを採用することで、静粛性を向上させている。

さらに、トレッドパターンについては左右非対称の設計とすることで外側ブロックの剛性を高め、耐偏摩耗性能を27%向上。燃費性能については、すべてのサイズでタイヤラベリング制度において「AA」(5段階中上から2番目)のグレードを獲得している。

ダンロップのブースでは、同製品の展示に加え、スポーツタイヤ「DIREZZA(ディレッツァ)」シリーズに投入されている技術の解説コーナーも設置。「ダンロップSP44」を装着して1972年のサファリラリーで優勝した「ダットサン240Z」や、2016年シーズンのSUPER GT GT300クラスを戦った「Hitotsuyama Audi R8 LMS」なども展示されている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
新着記事