ボルボXC60にオーシャンレース開催記念限定車

2011.10.12 自動車ニュース

ボルボ、販売期間限定の特別仕様車「XC60 T5 オーシャンレースエディション」を発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは2011年10月12日、クロスオーバーモデル「XC60」に特別仕様車「XC60 T5 オーシャンレースエディション」を設定し、2012年3月末までの期間限定で発売した。

今回「XC60」に設定されたのは、ボルボの主催する世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース 2011-2012」の開催を記念した特別仕様車だ。

2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレード「T5 LE」をベースに、専用ボディーカラー「オーシャンブルーメタリックII」を採用。「VOR(ボルボ・オーシャンレース)」ロゴ入りエンブレムや、波の動きをイメージしたというスペシャルデザインの18インチアルミホイールも装着される。

インテリアは、クロスステッチを施したオフブラックの専用本革シートをはじめ、「VOR」ロゴ入りスカッププレート、専用フロアマット、「VOR」ロゴ入りラゲッジカバーなど、ヨットからインスパイアされたというアイテムが装備される。
また、ベース車ではオプション装備となるチルトアップ機構付き電動パノラマ・ガラスサンルーフも標準で備わる。

価格は、ベース車より50万円高い559万円。

(webCGワタナベ)

「ボルボXC60 T5 オーシャンレースエディション」
「ボルボXC60 T5 オーシャンレースエディション」
フロントフェンダー左右に備わる専用エンブレム。
フロントフェンダー左右に備わる専用エンブレム。
「VOR」ロゴ入りの専用ラゲッジカバー。
「VOR」ロゴ入りの専用ラゲッジカバー。
ボルボXC60にオーシャンレース開催記念限定車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【ジュネーブショー2017】ボルボ、ミドルサイズSUVの新型「XC60」を発表 2017.3.7 自動車ニュース ボルボが新型「XC60」をジュネーブショーで発表。従来モデルから運転支援システムを強化しており、ステアリングやアクセル、ブレーキを自動制御する「パイロットアシスト」を初採用。パワープラントにはプラグインハイブリッドも用意されている。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
ホームへ戻る