【東京オートサロン2017】エルシーアイ、「ロータス3イレブン」など3台を出展

2017.01.13 自動車ニュース
「ロータス3イレブン」
「ロータス3イレブン」

ロータスカーズ日本正規販売輸入代理店のエルシーアイは2017年1月13日、東京オートサロン2017(開催期間:2017年1月13日~15日)の会場で、「ロータス3イレブン」ほか2台を展示し、同日、3イレブンの販売を開始した。3イレブンは、全世界で311台のみの限定生産となり、日本でのデリバリー開始は、2017年の秋頃を予定。ボディータイプにはロードバージョンとレースバージョンの2タイプが用意され、価格は前者が1495万8000円、後者が2025万円。

「ロータス3イレブン」のインテリア。
「ロータス3イレブン」のインテリア。
「ロータス3イレブン」のコックピットまわり。
「ロータス3イレブン」のコックピットまわり。
「ロータス3イレブン」のボディーサイドロゴ。
「ロータス3イレブン」のボディーサイドロゴ。
「ロータス3イレブン」のリアビュー。
「ロータス3イレブン」のリアビュー。
「ロータス・エキシージ スポーツ350」
「ロータス・エキシージ スポーツ350」
「ロータス・エリーゼ スポーツ220」
「ロータス・エリーゼ スポーツ220」

ロータス史上最速のロードカー「3イレブン」

ロータス3イレブンは、創始者であるコーリン・チャプマンの“軽量化による高性能の実現”という哲学を追求したモデルとして登場した、ロータス史上最速の量産車シリーズ。2007年の東京モーターショーで発表された「2イレブン」から10年を経て、このたび日本での発売となった。

特徴は、オープンコックピットデザインのカーボン複合材ボディーと、416ps(ロード)/466ps(レース)を生み出す、改良されたV6スーパーチャージャーエンジン。
ボディータイプには、ロードとレースの2つのバリエーションが用意され、ロードバージョンをベースに、レースバージョンには、よりアグレッシブなエアロキットと、シーケンシャルトランスミッション、FIA承認の6点式シートベルト付きドライバーシートが備えられている。
乾燥重量はロードバージョンで925kg、レースバージョンで890kgと、ともに1tに満たない軽さ。最高速度は280km/h(ロード)/290km/h(レース)、0-100km/h加速は3.4秒(ロード)/3秒(レース)という数値をたたき出す。

会場には、他のモデルとは違い、運転席側が大きく持ち上げられた状態の3イレブンが展示されていた。

エルシーアイの谷田恵美PR&セールスプロモーションマネージャーは、発表会の席上で、「展示車両は、昨年末に上陸したばかりのロードバージョンです。この宙に浮いたような演出には、軽さを表現したいということに加え、すべてのロータスモデルに共通する特徴であるフルフラットのアンダーパネルをご覧いただきたいという思いが込められています。床面にミラーを設置し、見えるような状態で展示しているので、ゆっくりご覧ください」とコメント。なるほど、鏡をのぞき込むと、白いパネルで車両下部が覆われている様子がよくわかった。

3イレブンの詳細は以下のとおり。

パフォーマンス
・英国ロータス本社にあるへセルトラックを1分22秒でラップする、ロータス史上最速の量産車
・240km/hで最大215kgのエアロダイナミックダウンフォース(レースバージョン)

パワートレイン
・3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジン
・LSD標準装備
・ロータス・トラクションコントロール・システム

ブレーキとタイヤ
• 軽量鍛造アルミホイールを標準装備
• APレーシング製4ポットキャリパー
• ロータスチューンされたボッシュ製ABS

エクステリア
• ボディーの一部にカーボン複合材を使用
• パフォーマンス重視の性質を強調するダイナミックなシルエット

インテリア
• レースに重点を置いた内装
• 新しいレース仕様のカラーTFTディスプレイパネルは、ロードおよびトラックモードに切り替え可能

製造
• 英国ヘセルで手作業による組み立て

現行ロータスの人気モデル2台も展示

発表会場には、3イレブンのほか、2016年8月にバージョンアップした「エキシージ スポーツ350」と、「エリーゼ スポーツ220」の2台が展示されていた。

今回展示されたエキシージ スポーツ350は、ロールケージなどを施した形に仕上げられ、よりスポーティーな印象を強めていた。

エリーゼは、ロータスブランドのなかで、最も手頃なシリーズ。前出の谷田氏は、「エリーゼは、2016年に20周年を迎えました。高額なスポーツカーが増える中、ベースモデルは570万円からという価格をキープした、皆さまに最も近いライトウェイトスポーツです」と紹介、ロータスを身近なブランドに感じてほしいという意気込みが伝わってきた。

(webCG)

関連キーワード:
東京オートサロン2017イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事