第25回:クルマ好きのど真ん中直球

2017.01.17 カーマニア人間国宝への道

マニアックさが足りない!

「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」(ディーゼル)なんつーマニアックなクルマにたどり着く前は、まっとうにマツダのスカイアクティブDも検討していた私なのだが、「CX-5」、「アテンザ」と続けて見送り。「アクセラ」も当初、ディーゼルの設定が300万円超えのグレードしかなく見送り。「デミオ」はデザインが今ひとつで見送り。「CX-3」はデザインも猛烈に良かったが、当初足まわりが跳ねまくり(現在は大幅に改良)、スカイアクティブD 1.5はシングルターボでタービンが回るまでのレスポンスがイマイチ(現在は大幅に改良)で見送り。CX-3は現在なら再検討の余地も十分アリのはずだが、再検討してもやっぱり見送るだろう。

なぜか?

ディープなカーマニアである私から見て、マツダのスカイアクティブD搭載モデルは、どれも最後の決め手に欠けるからだ。

具体的にはズバリ、マニアックさが足りない!

マツダのクルマ作りは、クルマ好きというニッチ層狙いで、カーマニアの評価が非常に高い。もちろん私もすばらしいと思っている。が、買うには至らない。

なぜならマツダは、「クルマ好きのど真ん中直球」ばかり投げているからだ! クルマ好き層狙いという段階ですでにニッチだが、マツダの狙いはそのニッチのど真ん中直球。ナックルボール狙いの私のストライクゾーンには今ひとつ入ってこない。

「マツダCX-5」(写真=池之平昌信)
「マツダCX-5」(写真=池之平昌信)
「マツダ・アテンザ」(写真=池之平昌信)
「マツダ・アテンザ」(写真=池之平昌信)
「マツダ・デミオ」(写真=池之平昌信)
「マツダ・デミオ」(写真=池之平昌信)
「マツダCX-3」(写真=池之平昌信)
「マツダCX-3」(写真=池之平昌信)
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算46台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事