【スペック】全長×全幅×全高=4825×1825×1470mm/ホイールベース=2775mm/車重=1550kg/駆動方式=FF/2.5リッター直4DOHC16バルブ(160ps/5700rpm、21.7kgm/4500rpm)+交流同期電動機(143ps、27.5kgm)/価格=317万円(テスト車=350万750円/ステアリングスイッチ+HDDナビゲーションシステム&音声ガイダンス付きカラーバックガイドモニター=33万750円))

トヨタ・カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】

いままでにないトヨタ 2011.10.12 試乗記 トヨタ・カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)
……350万750円

ミドル級セダン「トヨタ・カムリ」の8代目がデビュー。新たなハイブリッドシステムを手に入れた、新型の走りや乗り心地をリポートする。

前のとは全然違う

今度の「カムリ」は全車ハイブリッドである。2002年から9年連続の全米ベストセラーカー。世界9カ所の工場で年間90万台もつくられる大物トヨタ車なのに、セダンダメダメの日本だと、モデル末期の最近などは平均月販100台にも届かない。それならばと、ハイブリッドの“印籠”標準装備としたのが8代目カムリの国内戦略である。

北米向けカムリには2006年からすでに2.4リッターのハイブリッドモデルがあったが、新型では160psの2.5リッター4気筒(無鉛レギュラー仕様)を新調した。旧型の拡大版ではなく、アトキンソンサイクルやクールEGR(排ガス再循環)システムを採用したバランスシャフト付きの新開発エンジンである。一方、日本だと「SAI(サイ)」や「レクサスHS250h」に使われている105kW(143ps)のモーターやニッケル水素電池などの電気系はキャリーオーバーである。

カムリはアメリカで月に3万台以上売れるクルマだが、ハイブリッドは1000〜1500台と人気がなかった。向こうでも「ハイブリッドといえばプリウス」と思われているのが大きな理由だが、市場調査をすると、「もっとパワーを」と「もっと低燃費を」という声が高かった。要はハイブリッドに対する期待値に対して、出来が中途半端だったのだ。

旧型のカムリのハイブリッドには乗ったことがないが、SAIやHS250hは経験している。その2台がとりあえず比較の基準かなと思いつつ試乗に臨んだのだが、驚いた。まったく別物だった。個人的には2011サプライズ大賞をあげたいクルマである。

6年半ぶりに一新された「トヨタ・カムリ」。日本市場で扱われる新型は、ハイブリッドモデルのみとなった。
6年半ぶりに一新された「トヨタ・カムリ」。日本市場で扱われる新型は、ハイブリッドモデルのみとなった。
パワーユニットは、2.5リッターガソリンエンジン(160ps、21.7kgm)とモーター(143ps、27.5kgm)の組み合わせ。システム全体で最高出力205psを発生する。
パワーユニットは、2.5リッターガソリンエンジン(160ps、21.7kgm)とモーター(143ps、27.5kgm)の組み合わせ。システム全体で最高出力205psを発生する。
サイドビュー。前傾姿勢を強調したデザインで、力強さとクリーンさをアピールする。
サイドビュー。前傾姿勢を強調したデザインで、力強さとクリーンさをアピールする。
関連記事
  • デトロイトショー2017(その3) 2017.1.16 画像・写真 トヨタ自動車は北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/2017年1月22日まで開催)で、新型「カムリ」を世界初公開した。その姿をトヨタブースの様子と併せて画像で紹介する。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • フォルクスワーゲンが「up! GTIコンセプトカー」を公開NEW 2017.5.26 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で「up! GTIコンセプトカー」を公開した。ヨーロッパでは量産型が2018年の初頭に発売される予定。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
ホームへ戻る