第13回:アメリカを代表するクルマがすむ村で描かれるアメリカの闇
『ウィンターズ・ボーン』

2011.10.12 エッセイ

第13回:アメリカを代表するクルマがすむ村で描かれるアメリカの闇『ウィンターズ・ボーン』

でかいV8エンジンとでかい荷台のクルマ

アメリカを代表するクルマというと、何が頭に浮かぶだろう。「キャデラック」や「リンカーン」などの高級車だろうか。「コルベット」などのハイパワーなスポーツカーだろうか。それも間違いではないだろう。しかし、ニューヨークやLAなどの都会には当てはまっても、アメリカ全体を見渡せば事情が違ってくる。

中西部の広大な平原を席巻しているのは、ピックアップトラックだ。特に、「F-150」に代表されるフォードの「Fシリーズ」が大定番で、年間販売台数1位を誇る鉄板のベストセラー車なのだ。高品質を誇る日本車といえどもその牙城を崩すことはできず、「トヨタ・タンドラ」や「日産タイタン」などが奮戦するものの、F-150は王者として君臨し続けている。

でかいV8エンジンとでかい荷台を持つF-150は、いかにもアメリカ人好みの無駄な豪快さが身上だ。重い荷物を載せるわけではない。あり余るパワーをまとい、一人で乗る。無骨さと力強さが、男らしさの象徴だと感じているらしい。ある意味、馬の代わりなのだ。粗野で力感あふれる乗り物を制御するという、マッチョでナルシスティックな心情を刺激する。

『ウィンターズ・ボーン』に出てくる男たちは、ほとんどがピックアップトラックに乗っている。舞台は、ミズーリ州の南部、オザーク山脈である。荒れ果てた土地には色彩がなく、荒涼たる風景が広がる。粗野な男たちの中で、家族を守るために戦う一人の少女がいる。ヒロインのリー・ドリーを演じたのは、ジェニファー・ローレンス。女性監督のデブラ・グラニックとともに、強い女の新しいモデルを作り上げた。

c2010 Winter's Bone Productions LLC. All Rights Reserved.
c2010 Winter's Bone Productions LLC. All Rights Reserved.

第13回:アメリカを代表するクルマがすむ村で描かれるアメリカの闇 − 『ウィンターズ・ボーン』の画像
「フォードF-150」(2000年)
「Fシリーズ」として1948年から作られ、現在のモデルは12代目。F-150は1975年から登場している。全幅2m超、全長5m超のビッグサイズだ。現在日本では販売されていないが、先代モデルは正規輸入されたことがある。
「フォードF-150」(2000年)
「Fシリーズ」として1948年から作られ、現在のモデルは12代目。F-150は1975年から登場している。全幅2m超、全長5m超のビッグサイズだ。現在日本では販売されていないが、先代モデルは正規輸入されたことがある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。