第392回:世界的なカスタムカーの祭典 
盛況に終わった東京オートサロン2017を総括する!

2017.01.16 エディターから一言
東京オートサロン2017の会場の様子。
東京オートサロン2017の会場の様子。

世界屈指のカスタマイズカーイベント・東京オートサロン2017が2017年1月13日~15日の期間、千葉県の幕張メッセで開催された。今年も多くのクルマ好きが来場し、大いに盛り上がった会場の模様をリポートしよう。

世界的なカスタマイズカーの祭典である東京オートサロンだが、今や自動車メーカーやインポーターの出展も珍しくない。写真はトヨタブース。
世界的なカスタマイズカーの祭典である東京オートサロンだが、今や自動車メーカーやインポーターの出展も珍しくない。写真はトヨタブース。
メーカーやカスタムショップの展示に加え、趣向を凝らしたパーツメーカーの展示も見どころのひとつ。ファルケンのブースには、同ブランドのサポートを受けてレッドブル・エアレースに参戦する室屋義秀選手のエアレーサーも展示されていた。
メーカーやカスタムショップの展示に加え、趣向を凝らしたパーツメーカーの展示も見どころのひとつ。ファルケンのブースには、同ブランドのサポートを受けてレッドブル・エアレースに参戦する室屋義秀選手のエアレーサーも展示されていた。
エルシーアイのブースに展示されていた「ロータス3イレブン」。世界限定311台の高性能スポーツモデルである。
エルシーアイのブースに展示されていた「ロータス3イレブン」。世界限定311台の高性能スポーツモデルである。

自動車メーカーの参加が“当たり前”に

今回で35回目となる東京オートサロンは、昨年同様、千葉・幕張メッセの全ホールを使用。広々とした会場を、国内主要自動車メーカー、輸入車のインポーター、アフターパーツメーカー、カスタムショップなど合計458社の展示ブースが隅々まで埋め尽した。さらに今回は、近隣のZOZOマリンスタジアムの外周を使用した「体感! カスタムカー同乗試乗走行会」を実施するなど、新たな取り組みも見られた。

以前のオートサロンの主役といえば、カスタムショップやチューニングショップ、そしてアフターパーツメーカーであったが、それも昔の話。近年は国産メーカーおよびインポーターの出展も定着しており、モーターショーなどとは異なる独自のオリジナリティーを追求した展示内容も、オートサロンの楽しみのひとつとなっている。

今回、国内メーカーでブースを出展したのはトヨタ(レクサス)、日産、ホンダ、マツダ、富士重工(スバル)、ダイハツ、スズキ、日野の8社。インポーターは、メルセデス・ベンツ日本、フォルクスワーゲン グループ ジャパン、ルノー・ジャポン、エルシーアイ(ロータス)の4社に加え、英国伝統のピュアスポーツカー「ケータハム」を正規導入するケータハムカーズ ジャパンや、同じく英国製のスポーツカーメーカー「ゼノスカーズ」の正規輸入代理店であるGruppeM Racingも「ゼノスE10」を展示していた。

あなたにおすすめの記事
新着記事