レクサスIS350“Fスポーツ”(FR/8AT)/GS200t“Fスポーツ”(FR/8AT)/GS F(FR/8AT)/RC F(FR/8AT)/IS300h“Fスポーツ”(FR/CVT)/RX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)

足場を固めた一年 2017.01.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。

次の大統領に御用心!?

2016年も残すところあと10日というころ、袖ヶ浦フォレストレースウェイでレクサスのオールラインナップ試乗会が開かれた。

2016年はフルチェンジも新機種投入もなかったレクサスだが、日本でも海外でも販売を伸ばした。アメリカであんまり急伸してしまうと、じゃあ、全部アメリカでつくれと次の大統領に言われてしまいそうだが、レクサスにとって2016年は悪い年ではなかったようだ。

さらに今年は高級スポーツクーペLCの投入、フラッグシップLSのフルチェンジが控えている。オールラインナップ総勢32台が用意された試乗会には、福市得雄プレジデントをはじめ、レクサスインターナショナルのエグゼクティブも顔を見せた。

試乗会で最も鮮度が高かったのは、2カ月前にマイナーチェンジを受けた「IS」である。車高の低い系レクサスとしては日本で一番売れているISが現行型になったのは、2013年5月。今回は、改良型ショックアブソーバーの採用、フロントサスのロワアームのアルミ化など、足まわりを中心に最適化が施され、外観もスピンドルグリルの手直しや、ヘッドライトのデザイン変更による「目ぢからアップ」などで、見る人が見ればひと目でわかるバージョンアップが施されている。

レクサスのオールラインナップ試乗会は、2016年12月に袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催された。公道用21台、サーキット用11台の、計32台の試乗車が用意されていた。
レクサスのオールラインナップ試乗会は、2016年12月に袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催された。公道用21台、サーキット用11台の、計32台の試乗車が用意されていた。
「IS」は2016年10月にマイナーチェンジが実施され、足まわりとエクステリアの変更や、インフォテインメントシステムの改良、予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」の標準装備化などが行われた。
「IS」は2016年10月にマイナーチェンジが実施され、足まわりとエクステリアの変更や、インフォテインメントシステムの改良、予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」の標準装備化などが行われた。
「IS350“Fスポーツ”」のコックピット。インテリアカラーはマイナーチェンジ時に追加設定された「ニュアンスブラック」。
「IS350“Fスポーツ”」のコックピット。インテリアカラーはマイナーチェンジ時に追加設定された「ニュアンスブラック」。
「IS350“Fスポーツ”」の3.5リッターV6エンジンは、最高出力318ps、最大トルク38.7kgmを発生する。
 
「IS350“Fスポーツ”」の3.5リッターV6エンジンは、最高出力318ps、最大トルク38.7kgmを発生する。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RC Fの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る