【スペック】全長×全幅×全高=4080×1740×1395mm/ホイールベース=2435mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4SOHC16バルブ(114ps/6000rpm、14.8kgm/4800rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=251万円(テスト車=279万6000円/Honda HDDインターナビシステム(リアワイドカメラ付き)=28万6000円)

ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)【試乗記】

スポーツですカー、エコですカー? 2011.10.11 試乗記 ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)
279万6000円

「ホンダCR-Z」の新グレード「α・Black label」に試乗し、ハイブリッドスポーツカーの存在意義をあらためて考えた。

“スポーティーなホンダ”の象徴

メタリック塗装のアルミホイールが鈍い光を放ち、すごみをきかせている。ドアを開けると、ブラックでコーディネートされたインテリアの中で、3本のペダルだけが浮かび上がる。スポーツカー然としたしつらえだ。「ホンダCR-Z」はハイブリッドのエコイメージとスポーティーな走りという2つの要素を併せ持つクルマだが、「α・Black label(アルファ・ブラックレーベル)」は明らかにスポーティー方向にシフトしている。爽やかなエコの装いをかなぐり捨てて、ワルそうなにおいをプンプンさせているのだ。

映画『アザー・ガイズ』の中で、「トヨタ・プリウス」は軟弱者の乗るクルマとして象徴的に使われていた。ナタリー・ポートマンの『抱きたいカンケイ』でも、プリウスに乗っていたのはいけ好かないインテリ野郎だった。ハイブリッドカーにはそういうイメージがつきまとう。このクルマは、それを払拭してくれるだろうか。

「α・Black label」は、ベーシックな「β」と上級の「α」の2本立てだったところに、新たに付け加えられたグレードである。「α」の249万8000円に対して251万円と、わずか1万2000円しか違わない。エンジンやモーターなどはまったく一緒だから、目的はスポーティーさを強調することだけなのだろう。

今や、ホンダのスポーティーなイメージを一手に担うのは、CR-Zである。「NSX」「S2000」が存在しないラインナップの中では、このモデルの持つ意義は大きい。環境に気を配りながらスポーティーな走りを楽しむ。それが現時点における「ホンダらしさ」のアピールなのだ。

黒と銀でコーディネートされた「α・Black label」のインテリアは、スポーティーな印象。
黒と銀でコーディネートされた「α・Black label」のインテリアは、スポーティーな印象。
専用のメタル製プレミアムペダル。
専用のメタル製プレミアムペダル。
「α・Black label」には、ピューターグレーのメタリック塗装を施した、16インチアルミホイールが装着される。
「α・Black label」には、ピューターグレーのメタリック塗装を施した、16インチアルミホイールが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Zの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダCR-Z α(FF/CVT)【動画試乗記】 2010.5.26 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/CVT)
    ……281万5500円

    ホンダの最新ハイブリッドスポーツ「CR-Z」と、1980年代の名車「CR-X」を乗り比べ、2台に共通する“ホンダイズム”を探ってみた。
  • ホンダ・無限CR-Z 2010.9.6 画像・写真 無限が開発した専用パーツをフル装備した「ホンダCR-Z」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダCR-Z α(FF/CVT)【試乗記】 2010.4.12 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/CVT)
    ……278万4000円

    ハイブリッドカーでありながらスポーツカーを称する「ホンダCR-Z」。掲げられた“二枚看板”の、真偽のほどは!? 売れ筋グレードで試した。
  • ホンダ・無限CR-Z α(FF/6MT)【試乗記】 2010.8.30 試乗記 ホンダ・無限CR-Z α(FF/6MT)
    ……425万550円

    ハイブリッドのスポーツカー「ホンダCR-Z」。「無限」のスペシャルパーツで武装すると、走りはどう変化する? ワインディングで試した。
  • ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)【試乗記】 2011.10.11 試乗記 ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)
    279万6000円

    「ホンダCR-Z」の新グレード「α・Black label」に試乗し、ハイブリッドスポーツカーの存在意義をあらためて考えた。
ホームへ戻る