国内4台限定の「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」発売

2017.01.16 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2017年1月16日、ラグジュアリー4シーターオープンモデル「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」を発表し、同日、注文受け付けを開始した。全世界300台の限定生産モデルで、日本では限定4台を販売する。

高級素材を随所に採用した最上級オープンモデル

メルセデス・マイバッハS650カブリオレは、2015年のロサンゼルスモーターショーで世界初公開されたモデルで、「メルセデスAMG S65カブリオレ」をベースに、内外装に専用デザインが施されている。パワーユニットは最高出力630ps、最大トルク1000Nmの6リッターV12気筒ツインターボエンジンを搭載する。

エクステリアでは、フロント、サイド、リアの随所にクロームを採用。低く構えるウィンドウフレームや、サイドウオールがリアに向けて下降するドロッピングライン、完全に格納されるサイドウィンドウなどが特徴となっている。ソフトトップは高級感と静粛性に配慮された3層構造で、50km/h以下であれば、走行中でも約20秒で開閉が可能。また、停車中に車外からキーを使って開閉することもできる。

ヘッドライトは、片側47個のスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用LEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用。さらに、丸みを持つ円柱状の30個のクリスタルをウインカーに、17個のカットクリスタルをポジショニングライトに配置するなどして、ラグジュアリーなフロントマスクが演出されている。

インテリアには、2013年のフランクフルトモーターショーに登場したコンセプトカー「コンセプトSクラスクーペ」のアイデアが部分的に取り入れられている。そのひとつがシートを飾る“フローイングライン”で、流れる滝のようなシートレイアウトが、次第に密になるパーフォレーションによって実現されている。左右のシートサイドボルスターにはダイヤモンドキルティングとブダペストスタイルのパイピングが施される。さらに、センターコンソールとフロントシート前面およびヘッドレスト後部、車両後部インテリアトリム、後席エアコンディショナーにはマイバッハのエンブレムが、ステアリング、カップホルダー上部、イルミネーテッドステップカバーには「MAYBACH」のレタリングが、カップホルダーカバーにはクローム仕上げの「1 of 300」のレタリングがそれぞれ施されている。

また、メルセデス・マイバッハS650カブリオレには、オリジナルのトラベルラゲッジセットやマイバッハエンブレム付きのキーホルダー、ソフトトップと同色のボディーカバーといった、オーナーとしての特別感が感じられる希少性の高いアクセサリーが装備される。

今回、日本で販売されるのは4台限定で、うち1台は外装色:ジルコンレッド、内装色:ポーセレン/サドルブラウン、インテリアトリム:designoマグノリアナットブラウン、ソフトトップ:ベージュという仕様。残り3台は、外装16色、内装10色、4種のインテリアトリム、5色のソフトトップから選ぶオーダーメイドとして用意される。

価格は4420万円。

(webCG)
 

「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」
「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」
あなたにおすすめの記事
新着記事