フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売

2017.01.17 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ティグアン
フォルクスワーゲン・ティグアン拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から463万2000円まで。

 
フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売の画像拡大
 
フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売の画像拡大
 
フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売の画像拡大
 
フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売の画像拡大
 
フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売の画像拡大

「つながるSUV」としてオンラインサービスを標準装備

新型ティグアンはフォルクスワーゲンの生産モジュール「MQB」を同社のSUVシリーズとして初めて採用した。ボディーサイズは全長4500mm(従来型比+70mm)、全幅1840~1860mm(+30~50mm)、全高1675mm(-35mm)と、前モデルに比べてより長く、幅広く、低い。スポーティーなプロポーションを得た一方で、ホイールベースが70mm延長されたことで、室内空間もより広がった。

また、インターネットとの接続性を高める機能を採用したことで目的地検索やナビゲーション機能が強化され、「つながるSUV」としての新しい価値を備えたのも新型の見どころだ。全グレードにフォルクスワーゲンのモバイルオンラインサービス「Volkswagen Car-Net」が標準装備されるほか、ハイライングレード以上ではインターネット接続によりナビゲーションの検索性能や案内精度を高めるテレマティクス機能「Guide & Inform」が標準で備わる。

安全装備面では「Volkswagenオールイン・セーフティ」に基づく安全・先進装備を数多く採用した。アダプティブクルーズコントロール「ACC」(全車速追従機能付き)や駐車支援システム「パークアシスト」などの先進安全装備に加え、「アクティブボンネット」や「ポストコリジョンブレーキシステム」も全車に標準で装備される。また、ハイライン以上には「レーンアシスト」や渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」などを標準装備とし、半自動運転を実現した。さらに、デジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」をハイライン以上に標準装備するほか、「ヘッドアップディプレイ」をオプションで設定した。

エンジンは全グレードとも1.4リッターTSIエンジン(150ps、25.5kgm)を搭載する。6段DSGを搭載し、前輪駆動のみの設定。JC08モード燃費は16.3km/リッターと、従来の14.6km/リッターから約10%改善された。低燃費と低エミッションを追求したブルーモーションテクノロジーが採用されており、気筒休止システムの「ACT」とアイドリングストップ機能の「Start & Stopシステム」、およびブレーキエネルギー回生システムを備える。

ハンドル位置は全グレードで右のみ。車両価格は以下のとおり。

  • ティグアンTSIコンフォートライン:360万円
  • ティグアンTSIハイライン:433万2000円
  • ティグアンTSI Rライン:463万2000円

(webCG)

関連キーワード:
ティグアンフォルクスワーゲンSUV自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る