第393回:世界初の専売拠点が日本にオープン
メルセデスAMGの新たなる戦略を探る

2017.01.18 エディターから一言
新たにオープンしたAMG東京世田谷の様子。
新たにオープンしたAMG東京世田谷の様子。

東京・世田谷に、世界で初めてのメルセデスAMG(以下AMG)専売店「AMG東京世田谷」がオープンした。AMGが最も売れているアメリカではなく、なぜ日本に、世界に先駆けて専売店をオープンしたのか? またAMGは今後どのような販売および製品戦略を考えているのか? 当日の発表会出席者のコメントからのぞいてみよう。

2016年、メルセデス・ベンツは日本市場にSUVのニューモデルを大量投入した。写真は「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」。
2016年、メルセデス・ベンツは日本市場にSUVのニューモデルを大量投入した。写真は「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」。
AMG東京世田谷のオープン発表会にてあいさつする、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎代表取締役社長兼CEO。
AMG東京世田谷のオープン発表会にてあいさつする、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎代表取締役社長兼CEO。
AMG東京世田谷の展示スペースは2階建てで国内最多の8台のモデルが展示される。
AMG東京世田谷の展示スペースは2階建てで国内最多の8台のモデルが展示される。

メルセデスの好調にAMGも貢献

2016年に日本で6万3000台余りを販売し、2年連続で“輸入車ナンバーワン”を達成したメルセデス・ベンツ。同年を「SUVイヤー」と銘打ち、多数のSUVを日本に導入したことや、基幹車種「Eクラス」のフルモデルチェンジなどが大きく貢献したという。ハイパフォーマンスモデルのAMGも年間を通じて好調に推移し、過去最高の5608台が販売された。

この好調を支えているのが、インポーターであるメルセデス・ベンツ日本が取り組む、“ベストカスタマーエクスペリエンス(最高のお客さま体験)”である。同社代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏は、これを「従来のお客さまにはメルセデスをもっと深く知ってもらい、そして新しいユーザーには多くの興味を持ってもらうための取り組みだ」と説明する。

例えばAMGでは、サーキット走行会の「AMGドライビングアカデミー」や、AMGのオーナーやファンが楽しめる「AMG DAY」などのイベントを開催し、ブランド体験の場を提供してきた。さらに上野氏は、今回のAMG専売店のオープンについても「AMGを手に入れるという特別な体験をより感動的なものにすべく、メルセデスAMG本社とも協議を重ね、専売店が完成した」と述べ、カスタマーエクスペリエンスの一環であると位置づけている。

あなたにおすすめの記事
新着記事