第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー

2017.01.22 エディターから一言
新型「レクサスLS」と開発を担当した旭 利夫チーフエンジニア。
新型「レクサスLS」と開発を担当した旭 利夫チーフエンジニア。拡大

通算5代目に当たる新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L(グローバル・アーキテクチャー・フォー・ラグジュアリー・ビークル)」を採用し、デザインから走行性能まで全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。

新型「LS」の商品企画とデザインの決定には約2年を費やした。「これはわれわれの開発スケジュールにおいては相当長い時間といえます」と旭氏。
新型「LS」の商品企画とデザインの決定には約2年を費やした。「これはわれわれの開発スケジュールにおいては相当長い時間といえます」と旭氏。拡大
デトロイトショー2017で初公開された新型「LS」。実に11年ぶりのフルモデルチェンジとなった。
デトロイトショー2017で初公開された新型「LS」。実に11年ぶりのフルモデルチェンジとなった。拡大
新型にはレクサスのFR車用新プラットフォーム、GA-Lが採用されている。
新型にはレクサスのFR車用新プラットフォーム、GA-Lが採用されている。拡大
新型「LS500」(北米仕様)のボディーサイズは全長5235×全長1900×全高1450mm。
新型「LS500」(北米仕様)のボディーサイズは全長5235×全長1900×全高1450mm。拡大

「初代を超えるインパクトを持ったLSを作ろう」

実に11年ぶりのフルモデルチェンジとなるレクサスのフラッグシップサルーン、LS。5代目の開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアにまず尋ねたのは、その開発の時系列的な経緯だった。

旭チーフエンジニア(以下、旭):開発をスタートしたのは2012年。もちろん、それ以前にも模索はありましたが、正式にゴーが出たのはその頃です。

――4代目の登場が06年ですから、通常のスケジュールであれば、5代目の開発も佳境かというタイミングですよね。

旭:リーマンショックをはじめ、さまざまな外的環境の変化もありました。でも一番大きかったのは社長(豊田章男レクサスインターナショナルCBO<チーフ・ブランディング・オフィサー>)の意向でしょうね。時程ありきではなく、とにかく初代を超えるインパクトを持ったLSを作ろうという。

――GA-Lプラットフォームの開発スケジュールとリンクしていたわけではないのですか?

旭:それを待ち受けていたわけではないのですが、結果的にアーキテクチャーの刷新ともタイミングが重なった。であれば、同時に進行するのが筋だろうと。

――開発で一番時間が掛かったのはどの工程ですか?

旭:立ち上がり時の商品企画とデザインの決定にはほぼ2年を費やしています。これはわれわれの開発スケジュールにおいては相当長い時間といえます。その後の実質的な開発は3年半近く掛かりました。特にデザインに関しては、7つのデザインモックアップから絞り込み、最終段階でも2つのフルモックアップを作って検討しましたね。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る