第9回:ダンシン・イン・ザ・レイン

2017.01.27 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
首都高速は辰巳PAにて。辰巳PAというと「走り屋御用達」のイメージが強いけど、実はご覧の通り、臨海部の高層群を一望できる隠れたロケーションポイントだったりする。
首都高速は辰巳PAにて。辰巳PAというと「走り屋御用達」のイメージが強いけど、実はご覧の通り、臨海部の高層群を一望できる隠れたロケーションポイントだったりする。

周囲からは警告されていた。自分でも「それはダメだ」と分かっていた。しかし、つい出来心でやってしまったのである……。今回は、「ダッジ・バイパーで雨の日に出掛ける」という禁忌を犯した人間のたどった、哀れな末路のお話である。

フロントのナンバープレートが見事に傾いた「ダッジ・バイパー」のお姿。合成ではありませんのであしからず。
フロントのナンバープレートが見事に傾いた「ダッジ・バイパー」のお姿。合成ではありませんのであしからず。
拡大するとこんな感じ。やや見づらいが、ナンバーステーがゆがんでいるのがお分かりいただけただろうか?(中村義洋風)
拡大するとこんな感じ。やや見づらいが、ナンバーステーがゆがんでいるのがお分かりいただけただろうか?(中村義洋風)
在りし日のナンバーステーがこちら。購入前のわが「バイパー」は、取り締まり対策(?)でフロントナンバーが下を向いており、その都合でナンバーステーがかなり突き出ていた。今はもう、こんな出っ歯ではありません。
在りし日のナンバーステーがこちら。購入前のわが「バイパー」は、取り締まり対策(?)でフロントナンバーが下を向いており、その都合でナンバーステーがかなり突き出ていた。今はもう、こんな出っ歯ではありません。
ここで御礼。上述の辰巳PAにて「読んでますよ!」と声をかけてくださった読者の方、その節はありがとうございます。いきなり運転席のドアが開かなくなった「バイパー」に驚かれたことでしょう。ご安心ください。日常茶飯事です。
ここで御礼。上述の辰巳PAにて「読んでますよ!」と声をかけてくださった読者の方、その節はありがとうございます。いきなり運転席のドアが開かなくなった「バイパー」に驚かれたことでしょう。ご安心ください。日常茶飯事です。

なんでそこが壊れるの?

中古並行、改造歴アリ、そして今年で17年落ちと、マージャンでいえばトリプル役満みたいに厄にまみれたわがバイパーは、時々、フツーのクルマでは考えられないような地味で切ないトラブルに見舞われる。

例えばこの正月休みには、突然ナンバープレートステーがひしゃげた。厳密には昨年末のことになるが、「さてさて実家に帰りましょか」とボディーカバーをはぐったら、ナンバーが首をかしげていたのである。仕方ないので相模原のバイパー屋さん(このお店についても、いずれぜひ紹介したいと思う)にSOSを発信。師走の忙しい時期……どころか、仕事納めのまさにその日に、無理を言って直してもらったのだ。

それにしたって、なんだってこんなところがいきなり壊れるのよ? メカニックさんに「自転車でもぶつけられたか、イタズラですかねえ?」と尋ねたところ、「いや、そもそもステーの強度が全然足りてない。これじゃ洋服の裾を引っ掛けただけでも曲がっちゃいますよ」と言われた。実際、わがバイパーのナンバーステーは、手で突いたら「びよよよん」と振動するくらいヤワかった。
かつて、このクルマの面倒を見ていたどこかの自動車屋さんが、強度とか考えずにテキトーに作ったものなんだろう。「走っているうちに、ステーごとナンバーが落ちちゃうこともあるんですよ。この状態で気づいてよかったですね」と慰められた。

世の健全な自動車に乗られる読者諸兄姉には関係のない話かもしれない。しかし、ただ走っているだけでナンバープレートが飛んでいく、そんなクルマが世の中にはあるのですよ。

いわゆる“変わったクルマ”につきものの、こうしたマイナートラブル。今回は、その中でもメジャー・オブ・メジャーに君臨する、「雨漏り」にまつわる出来事を紹介させていただく。

あなたにおすすめの記事
新着記事