「フォルクスワーゲン・ポロ」に、ナビを標準装備した2台の特別限定車

2017.01.25 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ アクティブ」。ボディーカラーはブルーシルクメタリック。
「フォルクスワーゲン・ポロ アクティブ」。ボディーカラーはブルーシルクメタリック。

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月24日、小型ハッチバック「ポロ」に、特別仕様車「ポロ アクティブ」と「ポロ オリジナル」を設定し、前者が800台、後者が500台の台数限定で販売を開始した。

「フォルクスワーゲン・ポロ オリジナル」。ボディーカラーはハニーオレンジメタリック。
「フォルクスワーゲン・ポロ オリジナル」。ボディーカラーはハニーオレンジメタリック。
「ポロ オリジナル」のモチーフとなった初代「ポロ」。
「ポロ オリジナル」のモチーフとなった初代「ポロ」。

ポロ アクティブは、「TSIコンフォートライン」をベースに、純正ナビゲーションシステムの716SDCWを標準装備としたモデル。価格はベースモデルから9万6000円高の236万5000円に抑えた。ボディーカラーはブルーシルクメタリック(限定300台)、ピュアホワイト(同300台)、フラッシュレッド(同200台)の全3色が設定される。

一方のポロ オリジナルは、「TSIハイライン」をベースに、ポロの生産40周年を記念して設定されたモデル。ポロ アクティブと同様に純正ナビゲーションシステムの716SDCWを標準装備したほか、初代ポロをイメージさせるオレンジのメタリックカラー(ハニーオレンジメタリック)に、チェック柄のファブリックとレザレット(合成皮革)のコンビシートを採用するなど、内外装をファッショナブルに彩り、当時の雰囲気が再現されている。ボディーカラーはハニーオレンジメタリック(限定300台)のほかに、チタニウムベージュメタリック(同200台)も用意される。こちらもお得な価格設定がアピールされており、ベースモデルから7万円高の265万9000円で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • フォルクスワーゲン、サウンドにこだわった3種の限定車を発売 2018.2.1 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月1日、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ティグアン」に特別仕様車「ディナウディオエディション」をそれぞれ設定し、各300台の台数限定で発売した。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
ホームへ戻る