第396回:トヨタが18年ぶりにカムバック!
2017年のWRC開幕戦ラリー・モンテカルロを現地リポート

2017.01.26 エディターから一言
モナコのカジノ・スクエアをスタートする、トヨタの「ヤリスWRC」。
モナコのカジノ・スクエアをスタートする、トヨタの「ヤリスWRC」。

18年ぶりの世界ラリー選手権(WRC)で大健闘。復帰第1戦となったラリー・モンテカルロを、トヨタはどう戦ったのか? WRCのファンは彼らをどう迎えたのか? 2017年の開幕戦の様子を、現地からリポートする。

WRCの中でも特に長い歴史を誇るラリー・モンテカルロ。ドライ、ウエット、そして雪と、路面コンディションが目まぐるしく変わるのがこのラリーの特徴だ。
WRCの中でも特に長い歴史を誇るラリー・モンテカルロ。ドライ、ウエット、そして雪と、路面コンディションが目まぐるしく変わるのがこのラリーの特徴だ。
ラリー・モンテカルロでは集落の中を通るステージもあり、そんな場所では多くのギャラリーが詰め掛ける。
ラリー・モンテカルロでは集落の中を通るステージもあり、そんな場所では多くのギャラリーが詰め掛ける。
トミ・マキネン・レーシングの代表を務めるトミ・マキネン氏。
トミ・マキネン・レーシングの代表を務めるトミ・マキネン氏。
常に人だかりができていたトヨタのサービス。
常に人だかりができていたトヨタのサービス。

注目は新しいレギュレーションとトヨタの復帰

2017年のWRCの開幕戦、ラリー・モンテカルロが、1月19日から22日まで開催された。今シーズンのWRCは、トップカテゴリーである「ワールドラリーカー」(WRカー)のレギュレーションが大きく変わったとともに、18年ぶりにトヨタが「ヤリスWRC」で戦線に復帰したことが大きな話題となっている。今回はそのトヨタの戦いに焦点をあてて、開幕戦を報告してみたい。

フィンランドのヘルシンキから北へ約300kmに位置するユバスキュラを本拠地とする、「トミ・マキネン・レーシング」とのジョイントでスタートしたトヨタのWRCプロジェクト。一時はマシン開発の遅れがささやかれていたが、2016年末にフォルクスワーゲン(VW)のワークスドライバーを務めたヤリ-マティ・ラトバラがチームに加入すると、開発が加速した。

チーム代表のトミ・マキネン氏は、「今年は開発の年」と位置づけている。事実、絶対王者のVWが撤退したとはいえ、そのVWを常勝チームに押し上げたセバスチャン・オジェを獲得したMスポーツ、2016年の参戦を休止してまで新たなマシン「C3 WRC」の開発に専念したシトロエン、かつてトヨタ、プジョー、スズキのマシン開発に携わったミシェル・ナンダンが作りあげた「i20クーペWRC」を擁するヒュンダイなどを相手に、18年のブランクを持つトヨタがポディウムの頂点に立つことは容易ではない。

それでもトヨタの復帰には大いに注目が集まっており、モナコ公国のカジノ・スクエアで行われたスタートセレモニーでは、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミッカ・アンティラ組と、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組の2台のヤリスWRCは、詰め掛けたギャラリーからの大きな声援に送り出された。

あなたにおすすめの記事
新着記事