第486回:「不器用すぎるイタリア人」と「いいトコ取りのドイツ人」の話

2017.01.27 マッキナ あらモーダ!

人気のビーエムはイタリア生まれ!?

今回は、イタリアとドイツの微妙な関係のお話を。
2016年、BMWが同社の創業100周年を数々なイベントで祝った。ボク自身は2016年9月、本社所在地であるミュンヘンに赴き、BMWファン向けのイベント「BMWフェスティバル」を取材した。

その会場で好評だったモデルに「BMWイセッタ」があった。いや、女性や子どもの来場者にとっては、“本当のBMW”をさしおいて一番人気といってもよかった。ユニークで愛らしいフォルムと、フロントをガバッと開けて乗り降りする大胆さが功を奏していたに違いない。

エンスージアストならご存じのように、BMWイセッタの設計のオリジナルは、BMWではない。

物語は第2次大戦前にさかのぼる。イタリア人技術者のレンツォ・リヴォルタは、ジェノバ郊外に冷蔵庫工場「Isothermos(イソテルモス)」を設立する。第2次大戦中にはミラノに移転。引き続き電気製品を製造した。

戦後いち早くモータリゼーションの胎動を感じたリヴォルタは、二輪車の製造を経て、四輪自動車界への進出を企てる。それは、「フィアット・トポリーノ」よりもさらに軽便な自動車の開発だった。

設計は、航空機設計で豊富な経験を有していた技術者のエルメネジルド・プレーティに託され、それは別の技術者であるピエールルイージ・ラッジへと引き継がれた。そして、1953年のトリノ自動車ショーで、「Iso Isetta(イソ・イセッタ)」の名前で車両が公開された。Isoは前述のイソテルモスにちなんだ新社名で、Isettaは「イソの子ども」といった意味合いを持っていた。

「BMWイセッタ」は女性や子どもの人気者。2016年9月、ミュンヘンで開催された「BMWフェスティバル」にて。
「BMWイセッタ」は女性や子どもの人気者。2016年9月、ミュンヘンで開催された「BMWフェスティバル」にて。拡大
イセッタ・クラブのメンバー、ハンス氏(写真)の愛車は、「BMWイセッタ」の対米輸出仕様車。アルゼンチンで発見したという。
イセッタ・クラブのメンバー、ハンス氏(写真)の愛車は、「BMWイセッタ」の対米輸出仕様車。アルゼンチンで発見したという。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事