「MINIクラブマン」に「ジョンクーパーワークス」が追加

2017.01.25 自動車ニュース
「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」
「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」拡大

BMWジャパンは2017年1月25日、MINIブランドのステーションワゴン「MINIクラブマン」のモデルラインナップに、「ジョンクーパーワークス クラブマン」を追加設定し、販売を開始した。価格は500万円。

「ジョンクーパーワークス クラブマン」のインテリア。
「ジョンクーパーワークス クラブマン」のインテリア。拡大
「MINIジョンクーパーワークス クラブマン エクスクルーシブスタイル」
「MINIジョンクーパーワークス クラブマン エクスクルーシブスタイル」拡大
「ジョンクーパーワークス クラブマン エクスクルーシブスタイル」のインテリア。
「ジョンクーパーワークス クラブマン エクスクルーシブスタイル」のインテリア。拡大

最高出力は231ps!

ジョンクーパーワークスはMINIシリーズのトップパフォーマンスグレードであり、現行シリーズでは「MINI 3ドア」や「MINIコンバーチブル」に設定されている。クラブマンでは2015年9月のフルモデルチェンジ以降、設定されてこなかったが、今回再設定された。

エンジンは、従来型では1.6リッターターボだったが、新型では排気量が拡大され、最高出力231psの2リッター直4ターボに。最大トルクは32.6kgmで、オーバーブースト機能を使用時には35.7kgmにまで高められる。トランスミッションは8段ATで、駆動方式にはMINI独自の4WDシステム「ALL4(オールフォー)」を採用する。

走行性能も強化され、足まわりには、専用チューニングが施されたスポーツサスペンションを採用。さらに、コーナリング時のトラクションとハンドリング性能を向上させるエレクトロニックディファレンシャルロックコントロール(EDLC)、パフォーマンスコントロールを備えたダイナミックスタビリティーコントロール(DSC)も備わる。また、ブレーキシステムには、ブレンボ製の4ピストンキャリパーを採用している。

エクステリアでは、専用デザインのエアロダイナミックキットを標準装備。先述のブレーキキャリパーは赤く塗装され、サイドスカットルとともに「John Cooper Works」のロゴが刻印される。さらに、専用にデザインされた2トーンの19インチアロイホイールも標準装備となる。

インテリアもレーシーに仕立てられており、スポーティーな赤のステッチと、表面に印象的なクロスデザインが用いられた、ダイナミカレザーコンビネーションスポーツシートを採用。さらにシフトパドル付きスポーツステアリングホイールや専用のドアシルを装備したほか、アクセル/ブレーキペダルとドライバー用フットレストにはステンレス仕上げが施される。また、ルーフライニングにはアンスラサイト(濃いグレー)を採用する。

さらに、スポーティーなジョンクーパーワークスでありながら、MINIクラブマンが持つ、成熟した大人のイメージが強調された「エクスクルーシブスタイル」も導入された。エクステリアは、18インチアロイホイール・グリップスポークシルバーを装備することで、スポーティーかつシックにまとめられている。一方のインテリアは、MINI Yoursレザーラウンジシートの採用や、インテリアパーツの各所にクロームの縁取りを施すなど、よりエレガントな仕立てとされている。価格は530万円。

(webCG)

 

関連キーワード:
MINIクラブマンMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る