三菱、「eKカスタム」と「eKワゴン」を一部改良

2017.01.26 自動車ニュース
「三菱eKカスタム」。ボディーカラーは新色の「ライトニングブルーマイカ」。
「三菱eKカスタム」。ボディーカラーは新色の「ライトニングブルーマイカ」。

三菱自動車は2016年1月26日、軽乗用車「eKカスタム」と「eKワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「eKワゴン」。ボディーカラーは新色の「コーラルピンクマイカ」。
「eKワゴン」。ボディーカラーは新色の「コーラルピンクマイカ」。

今回の改良では、ボディーカラー展開の見直しと、一部グレードで装備の強化が行われた。

ボディーカラーは、eKカスタムに「ライトニングブルーマイカ」が新たに設定されて全6色展開に、eKワゴンには「コーラルピンクマイカ」が新たに設定され、全9色の展開となった。

装備面では、eKカスタム/eKワゴンとも「Tセーフティーパッケージ」にクルーズコントロールを採用。また、eKワゴンの「E」では、リアドア、リアクオーター、テールゲートのガラスがプライバシーガラスに変更された。

価格はeKカスタムが129万1680円~165万8880円、eKワゴンが103万1400円~153万7920円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る