第15戦日本GP決勝結果【F1 2011 速報】

2011.10.09 自動車ニュース

【F1 2011 速報】第15戦日本GP、バトン優勝、ベッテル3位で2連覇達成

F1世界選手権第15戦日本GP決勝が、2011年10月9日、三重県の鈴鹿サーキット(5.807km)を53周して行われた。

あと1点獲得すればチャンピオンとなるレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルは、ポールポジションからレースをリードするも、中盤のピットストップで首位から落ち、結果3位でフィニッシュ。今シーズンを席巻したベッテルらしいスタイルではなかったが、4戦を残して見事2連覇を達成した。
24歳と98日目を迎えた王者は、昨年最終戦で打ち立てた最年少ワールドチャンピオン記録に「最年少ダブルチャンピオン」というレコードを加えた。

優勝は、マクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトン。予選2番手からスタートで3位に下がったが、お得意のタイヤマネージメントを徹底し、2度目のピットストップで首位奪取に成功、今季3勝目、鈴鹿初勝利を飾った。

2位はフェラーリのフェルナンド・アロンソ。予選5位から着実にポジションをあげ、ベッテルの前に出て2位にあがった後もその位置を守り、チェッカードフラッグが振られる直前までバトンを追いつめた。

戴冠を祝うチームメイトを横目にみながら、マーク・ウェバーが6番グリッドから4位でゴール。ポディウムの頂点に立つ僚友のいっぽうで、ルイス・ハミルトンはフェリッペ・マッサと(またも)接触するなどし、5位に終わった。

メルセデスのミハエル・シューマッハーは暫定的ながらカムバック後初の1位を走り最終的には6位、フェラーリのマッサは7位、そして3ストッパーが多いなか2ストップで走り切ったザウバー・フェラーリのセルジオ・ペレス8位、同じく2回のタイヤ交換でルノーのビタリー・ペトロフが9位となった。予選でアタックできず23位からスタートしたメルセデスのニコ・ロズベルグが10位入賞を果たし、最後の1点を手に入れた。

以下、11位エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)、12位ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)、13位小林可夢偉(ザウバー)、14位パストール・マルドナド(ウィリアムズ・コスワース)、15位ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)、16位ブルーノ・セナ(ルノー)、17位ルーベンス・バリケロ(ウィリアムズ)、18位ヘイキ・コバライネン(ロータス・ルノー)、19位ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)、20位ティモ・グロック(ヴァージン・コスワース)、21位ジェローム・ダンブロジオ(ヴァージン)、22位ダニエル・リカルド(HRTコスワース)、23位ビタントニオ・リウッツィ(HRT)が完走した。

ドライバーズチャンピオンは324点を獲得したベッテルに決定。ポイントスタンディング2位争いは、バトンが210点、アロンソ202点、ウェバー194点、ハミルトン178点と実質4人に絞られている。
コンストラクターズチャンピオンシップはまだ決まっていないものの、518点のレッドブルに栄冠がわたることはほぼ間違いない。2位マクラーレンは388点、3位フェラーリ292点、4位メルセデス123点、5位ルノー72点と続く。

(文=bg)

レッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルはこのレースで3位に入り、2年連続のドライバーズチャンピオンとなった。(Photo=Red Bull Racing)
第15戦日本GP決勝結果【F1 2011 速報】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。