三菱が「ミニキャブ ミーブ バン」の装備を強化

2017.01.26 自動車ニュース

三菱自動車は2017年1月26日、軽商用電気自動車「ミニキャブ ミーブ バン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良は各種機能、装備の強化が中心となっている。具体的には、車両の充電中にも空調の使用が可能となるようエアコンを改良したほか、メーカーオプションのキーレスエントリーシステムのリモコンキーにプレ空調スイッチを追加。乗車前の遠隔空調操作を可能とした。

また運転席&助手席シートヒーターを標準装備とするなど、既存の「寒冷地仕様」を標準仕様化。さらに運転席、助手席パワーウィンドウや、バッテリーが満充電、および満充電に近い状態における回生ブレーキ力の低下を警告する「回生ブレーキ力警告灯」を新たに採用した。

また、グレードの構成が見直され、「CD 16.0kWh」はハイルーフの2シーターと4シーターに、「CD 10.5kWh」はハイルーフの4シーターのみにラインナップが集約された。

価格は以下の通り。

  • CD 10.5kWh(4シーター):176万9040円
  • CD 16.0kWh(2シーター):212万8680円
  • CD 16.0kWh(4シーター):215万0280円

(webCG)
 

 

「三菱ミニキャブ ミーブ バン」
「三菱ミニキャブ ミーブ バン」拡大

関連キーワード:
ミニキャブ ミーブ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)【試乗記】 2011.5.24 試乗記 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)

    三菱の商用EV「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」試作車に試乗。電力不足のなかでの、EVの役割について考えた。
  • ハーレーダビッドソン・ファットボブ(MR/6MT)【レビュー】 2017.12.15 試乗記 スポーティーな走りがウリの体育会系モデルが、伝統を重んじる文化系の一族に養子入り!? ハーレーの新しいラインナップ戦略にのっとり、新たにソフテイルファミリーの一員となった「ハーレーダビッドソン・ファットボブ」の出来栄えをリポートする。
  • 三菱、電気自動車用の電源供給装置を発売 2012.3.9 自動車ニュース 三菱自動車は2012年3月9日、電気自動車(EV)の電力を家電に供給する大容量の給電装置「MiEV power BOX」を発表。同年4月27日に発売する。
  • 三菱が「ミニキャブ ミーブ バン」の装備を強化 2017.1.26 自動車ニュース 三菱が軽ワンボックスタイプの電動商用車「ミニキャブ ミーブ バン」を一部改良。充電中などに車外から空調を遠隔操作できる「プレ空調」機能を新たに採用したほか、運転席&助手席シートヒーターなどを標準装備とした。
  • 三菱、軽トラック「ミニキャブ」のEVを発表 2012.12.26 自動車ニュース 三菱自動車は2012年12月26日、軽トラック電気自動車(EV)「MINICAB-MiEV TRUCK」を発表した。発売は2013年1月17日を予定している。
ホームへ戻る