第27回:どれもこれも似たり寄ったり!?

2017.01.31 カーマニア人間国宝への道

フェラーリエンジンの対極

フェラーリの魂はエンジンにある! それは、高回転高出力型の超本気レーシングエンジンが、ベルサイユ宮殿風のエレガンスをまとった、恐るべき陶酔装置である! ベルサイユ宮殿はフランスですねスイマセン。イタリアでいうとえーと、フィレンツェの花の聖母大聖堂とかそんな感じスか? テキトーですが。

ディーゼルエンジンは、そんなフェラーリエンジンの対極に位置する。ガラガラ言うし低回転が得意だし、高回転域はうるさいだけ。「シエンタ」(前自家用車)の1.5ガソリンも回すとうるさいだけだったが、ディーゼル特有の分厚い低速トルクや超高効率な雰囲気は、シエンタでは味わえなかった。つまりクリーンディーゼルは、シエンタの1.5ガソリンよりはるかに優れているのである。

譬(たと)えれば、フェラーリは大女優でディーゼルは敏腕ディレクター。対照的だけど絶対バッティングしないので相性は非常にイイ。女優とプロデューサーの結婚とかもあるじゃないですか。我が家はそれですかねウフフ~。

ところで、敏腕ディレクター的であるところのディーゼルエンジンは、ユニットによる個性が薄いという話の途中だった。

サウンドに関しては、今日本で買えるディーゼルで快音を轟(とどろ)かせるのは「マセラティ・ギブリ ディーゼル」のみで、他は似たり寄ったりだ。唯一の例外は「プジョー308 BlueHDi」か。スポーツモードにするとスピーカーからレーシングエンジンみたいな音が流れます。「サウンドレーサー」ですね。こういう演出、最近は割とアタリマエのものになりつつありますが、ディーゼルでコレをやってるのはこのクルマだけ(たぶん)! あまりのフェイク感に笑っちゃうけど、けっこう楽しいよ。

「フェラーリ458イタリア」のエンジンルーム。
「フェラーリ458イタリア」のエンジンルーム。
「プジョー308 BlueHDi」
「プジョー308 BlueHDi」

「プジョー308 BlueHDi」のエンジンルームと筆者。(写真=池之平昌信)


	「プジョー308 BlueHDi」のエンジンルームと筆者。(写真=池之平昌信)
「プジョー308 BlueHDi」の“やる気”スイッチ。(写真=池之平昌信)
「プジョー308 BlueHDi」の“やる気”スイッチ。(写真=池之平昌信)
市販車のシガーソケットに取り付けられるタイプの「サウンドレーサー」はこちら。エンジンの回転数に合わせて音が変化する仕組みで、軽自動車など小型車に取り付けるとより音と走りのギャップが楽しめる。価格は6048円(税込み)。詳しくは輸入販売元のキャンディータワーまで。

 

市販車のシガーソケットに取り付けられるタイプの「サウンドレーサー」はこちら。エンジンの回転数に合わせて音が変化する仕組みで、軽自動車など小型車に取り付けるとより音と走りのギャップが楽しめる。価格は6048円(税込み)。詳しくは輸入販売元のキャンディータワーまで。
	 
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.9.25 試乗記 「スズキ・スイフト」に、独自のフルハイブリッドシステムが搭載された新モデルが登場。2ペダル自動MTとモーターを組み合わせたユニークなパワートレインの見どころと、他のグレードよりさらに上質感を増したドライブフィールを報告する。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールSE(P380)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.20 試乗記 「スポーツ」や「イヴォーク」に次ぐ新たなレンジローバーファミリーとして生まれた、ラグジュアリーSUV「レンジローバー ヴェラール」。優美なスタイリングに秘められた走りの質を、3リッターV6ガソリンモデルで吟味した。
ホームへ戻る