フォード・マスタングに赤内装の特別限定車

2011.10.07 自動車ニュース

フォード、「マスタング」を一部改良 特別仕様の受注開始

フォード・ジャパン・リミテッドは2011年10月5日、「フォード・マスタング」の仕様を一部改良すると発表した。発売は10月29日。また同日、2011年1月に導入予定の限定30台の特別仕様車「マスタングV8GT Performance Package」の予約受付も開始した。

今回の変更で、「マスタング」の電動パワーステアリングにセレクトモードが追加された。コンフォート/スタンダード/スポーツの各モードから、走行シーンに合わせた好みのモードを選ぶことができる。さらにV6モデルのアルミホイールのデザインが変更された。

一方、特別仕様車の「マスタングV8GT Performance Package(パフォーマンスパッケージ)」は、5リッターV8GTをベースに、専用の6段MTを搭載する。ファイナルギアレシオ(最終減速比)がローギアード化され、加速性能が向上しているほか、北米の「GT500」や「Boss302」といったマスタングの高性能モデルにも採用されているブレンボ製の大径ローターおよびキャリパーが装着される。またタイヤはベースモデルより幅広い255/40ZR19に変更される。さらにサスペンションも前後とも専用にチューニングが施される。

装備面では専用デザインのアルミホイールが装着されるほか、本革のステアリングホイール、ドアトリム、シートがレッドで統一され、シートはホワイトストライプのアクセントが施されたスポーティーなものとなる。

価格は以下のとおり。

・V8GTコンバーチブルプレミアム:570万円
・V8GTクーペプレミアム:500万円
・V6クーペプレミアム:430万円
・V8GT Performance Package:530万円

(webCG 竹下)

「フォード・マスタングV8GT Performance Package」(以下同じ)
「フォード・マスタングV8GT Performance Package」(以下同じ)

フォード・マスタングに赤内装の特別限定車の画像

フォード・マスタングに赤内装の特別限定車の画像

フォード・マスタングに赤内装の特別限定車の画像

関連キーワード:
マスタングフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • マックイーンのあのマスタングが復活!
    50年目の「マスタング ブリット」にアメリカ車の輝きを見た
    2018.2.5 デイリーコラム 気分はスティーブ・マックイーン! 映画史に残るカーチェイスを繰り広げた、世界一有名な「フォード・マスタング」の雄姿と、“劇中車”の50周年を記念した特別仕様車の登場に、長年にわたり銀幕を彩ってきたアメリカ車の輝きを見た。
  • クライスラー販売終了は影響するか?
    日本におけるアメ車のこれからを考えるNEW
    2018.2.23 デイリーコラム クライスラー車の国内における正規販売が終了。これは、日本市場でのアメリカ車衰退を示しているのか、それとも、単にクライスラーブランドに限ったことなのか? わが国における、アメリカ車のこれからについて考えた。
ホームへ戻る