フォード・マスタングに赤内装の特別限定車

2011.10.07 自動車ニュース

フォード、「マスタング」を一部改良 特別仕様の受注開始

フォード・ジャパン・リミテッドは2011年10月5日、「フォード・マスタング」の仕様を一部改良すると発表した。発売は10月29日。また同日、2011年1月に導入予定の限定30台の特別仕様車「マスタングV8GT Performance Package」の予約受付も開始した。

今回の変更で、「マスタング」の電動パワーステアリングにセレクトモードが追加された。コンフォート/スタンダード/スポーツの各モードから、走行シーンに合わせた好みのモードを選ぶことができる。さらにV6モデルのアルミホイールのデザインが変更された。

一方、特別仕様車の「マスタングV8GT Performance Package(パフォーマンスパッケージ)」は、5リッターV8GTをベースに、専用の6段MTを搭載する。ファイナルギアレシオ(最終減速比)がローギアード化され、加速性能が向上しているほか、北米の「GT500」や「Boss302」といったマスタングの高性能モデルにも採用されているブレンボ製の大径ローターおよびキャリパーが装着される。またタイヤはベースモデルより幅広い255/40ZR19に変更される。さらにサスペンションも前後とも専用にチューニングが施される。

装備面では専用デザインのアルミホイールが装着されるほか、本革のステアリングホイール、ドアトリム、シートがレッドで統一され、シートはホワイトストライプのアクセントが施されたスポーティーなものとなる。

価格は以下のとおり。

・V8GTコンバーチブルプレミアム:570万円
・V8GTクーペプレミアム:500万円
・V6クーペプレミアム:430万円
・V8GT Performance Package:530万円

(webCG 竹下)

「フォード・マスタングV8GT Performance Package」(以下同じ)
「フォード・マスタングV8GT Performance Package」(以下同じ)

フォード・マスタングに赤内装の特別限定車の画像

フォード・マスタングに赤内装の特別限定車の画像

フォード・マスタングに赤内装の特別限定車の画像

関連キーワード:
マスタングフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォード) 2017.9.15 画像・写真 2017年のフランクフルトショーに、フォードは人気のスポーツクーペ「マスタング」の2018年モデルを出展した。スポーティーなエクステリアパーツをまとった「エコスポーツSTライン」とともに、写真で紹介する。
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る