フォード・マスタングに赤内装の特別限定車

2011.10.07 自動車ニュース

フォード、「マスタング」を一部改良 特別仕様の受注開始

フォード・ジャパン・リミテッドは2011年10月5日、「フォード・マスタング」の仕様を一部改良すると発表した。発売は10月29日。また同日、2011年1月に導入予定の限定30台の特別仕様車「マスタングV8GT Performance Package」の予約受付も開始した。

今回の変更で、「マスタング」の電動パワーステアリングにセレクトモードが追加された。コンフォート/スタンダード/スポーツの各モードから、走行シーンに合わせた好みのモードを選ぶことができる。さらにV6モデルのアルミホイールのデザインが変更された。

一方、特別仕様車の「マスタングV8GT Performance Package(パフォーマンスパッケージ)」は、5リッターV8GTをベースに、専用の6段MTを搭載する。ファイナルギアレシオ(最終減速比)がローギアード化され、加速性能が向上しているほか、北米の「GT500」や「Boss302」といったマスタングの高性能モデルにも採用されているブレンボ製の大径ローターおよびキャリパーが装着される。またタイヤはベースモデルより幅広い255/40ZR19に変更される。さらにサスペンションも前後とも専用にチューニングが施される。

装備面では専用デザインのアルミホイールが装着されるほか、本革のステアリングホイール、ドアトリム、シートがレッドで統一され、シートはホワイトストライプのアクセントが施されたスポーティーなものとなる。

価格は以下のとおり。

・V8GTコンバーチブルプレミアム:570万円
・V8GTクーペプレミアム:500万円
・V6クーペプレミアム:430万円
・V8GT Performance Package:530万円

(webCG 竹下)

「フォード・マスタングV8GT Performance Package」(以下同じ)
「フォード・マスタングV8GT Performance Package」(以下同じ)

フォード・マスタングに赤内装の特別限定車の画像

フォード・マスタングに赤内装の特別限定車の画像

フォード・マスタングに赤内装の特別限定車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表 2017.2.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】NEW 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
ホームへ戻る