「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場

2017.02.02 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」
「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」

メルセデス・ベンツ日本は2017年2月1日、「Cクラス」シリーズの仕様を一部変更するとともに新グレードを追加し、同日販売を開始した。

「C180クーペ」
「C180クーペ」

4気筒ガソリン車に9段ATを採用

今回の変更では、「350e」を除く4気筒ガソリンエンジン車のトランスミッションに、既存の7段ATに代えて9段AT「9G-トロニック」を採用。また新グレードとして、「C200 4MATICアバンギャルド」「C200ステーションワゴン 4MATICアバンギャルド」「C180クーペ」を新設定した。現行型のCクラスでは、AMGモデル以外に4WD車が設定されるのは今回が初。また「C180クーペ」は、500万円を切る「Cクラス クーペ」の新しいエントリーグレードとなる。

装備の設定も見直しており、セダンとステーションワゴンでは「C200アバンギャルド」「C220dアバンギャルド」(ステーションワゴンは「スポーツ」「本革仕様」含む)では、これまで標準装備だった「レーダーセーフティパッケージ」をオプション設定に変更。「C180ステーションワゴン」にはレーダーセーフティパッケージを新たにオプション設定した。

このほかにも、「Cクラス セダン」ではオプション装備の「プレミアムパッケージ」「エクスクルーシブパッケージ」(「AMG C43 4MATIC」のみ)にヘッドアップディスプレイを追加。ステーションワゴンでは一部のグレードで標準装備とした。

一方クーペでは、「C180クーペ スポーツ」にシートヒーター(前席)、メモリーシート(前席)、イグニッション・オン時にシートベルトを前方へ押し出し、乗員のシートベルト装着をサポートする「オートマティックベルトフィーダー」を標準装備とした。

価格はセダンが「C180」の436万円から「AMG C63 S」の1352万円、ステーションワゴンが「C180」460万円から「AMG C63 S」の1423万円、クーペが「C180」の499万円から「AMG C63 S」の1348万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Cクラス クーペCクラス ステーションワゴンCクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • ハーレーダビッドソン・ロードキングスペシャル(MR/6MT)【レビュー】 2018.2.17 試乗記 今日のハーレーを支える新世代エンジン「ミルウォーキーエイト」と、ラインナップ中随一の歴史を誇るツーリングファミリーのシャシーが織り成す走りとは? メッキを排したダークなカラーリングが特徴のカスタムモデル「ロードキングスペシャル」で試した。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
ホームへ戻る