「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場

2017.02.02 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」
「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」

メルセデス・ベンツ日本は2017年2月1日、「Cクラス」シリーズの仕様を一部変更するとともに新グレードを追加し、同日販売を開始した。

「C180クーペ」
「C180クーペ」

4気筒ガソリン車に9段ATを採用

今回の変更では、「350e」を除く4気筒ガソリンエンジン車のトランスミッションに、既存の7段ATに代えて9段AT「9G-トロニック」を採用。また新グレードとして、「C200 4MATICアバンギャルド」「C200ステーションワゴン 4MATICアバンギャルド」「C180クーペ」を新設定した。現行型のCクラスでは、AMGモデル以外に4WD車が設定されるのは今回が初。また「C180クーペ」は、500万円を切る「Cクラス クーペ」の新しいエントリーグレードとなる。

装備の設定も見直しており、セダンとステーションワゴンでは「C200アバンギャルド」「C220dアバンギャルド」(ステーションワゴンは「スポーツ」「本革仕様」含む)では、これまで標準装備だった「レーダーセーフティパッケージ」をオプション設定に変更。「C180ステーションワゴン」にはレーダーセーフティパッケージを新たにオプション設定した。

このほかにも、「Cクラス セダン」ではオプション装備の「プレミアムパッケージ」「エクスクルーシブパッケージ」(「AMG C43 4MATIC」のみ)にヘッドアップディスプレイを追加。ステーションワゴンでは一部のグレードで標準装備とした。

一方クーペでは、「C180クーペ スポーツ」にシートヒーター(前席)、メモリーシート(前席)、イグニッション・オン時にシートベルトを前方へ押し出し、乗員のシートベルト装着をサポートする「オートマティックベルトフィーダー」を標準装備とした。

価格はセダンが「C180」の436万円から「AMG C63 S」の1352万円、ステーションワゴンが「C180」460万円から「AMG C63 S」の1423万円、クーペが「C180」の499万円から「AMG C63 S」の1348万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Cクラス クーペCクラス ステーションワゴンCクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG C63 Sクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.8.10 試乗記 500psオーバーの高出力を誇る、高性能クーペ「メルセデスAMG C63 Sクーペ」に試乗。高速道路やワインディングロードを走らせてみると、速さだけではない、このハイパフォーマンスカーならではの魅力が見えてきた。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(メルセデス・ベンツ) 2017.9.15 画像・写真 “公道走行可能なF1マシン”こと「メルセデスAMGプロジェクトONE」や、新型「Sクラス」のクーペとカブリオレ、2台のEVコンセプトなど、フランクフルトショーに注目モデルを多数出展したメルセデス・ベンツ。展示車両を写真でリポートする。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(BMW その2) 2017.9.14 画像・写真 独BMWは2017年9月12日に開幕したフランクフルトショーで「BMW i」ブランドの新しいコンセプトカーとして「BMW iビジョンダイナミクス」をお披露目した。また、新型「i3」に新設定された高性能モデル「i3s」も初公開。まもなく日本に上陸する新型「X3」を併せて写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(マセラティ) 2017.9.15 画像・写真 2017年のフランクフルトショーに、マセラティは「ギブリ」の改良型「ギブリ グランロッソ」を出展した。同じく改良を受けたばかりの「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」の姿とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る