第28回:禁断の果実 

2017.02.07 カーマニア人間国宝への道

その快音、管楽器のごとし

ディーゼルに快音はあるのか!? ということで、「マセラティ・ギブリ ディーゼル」のサウンドを大絶賛している当連載だが、それに関して読者さまから、「あれもスピーカーから出している音ではないでしょうか?」という問い合わせをいただいた。

ギブリ ディーゼルのサウンドは、「マセラティ・アクティブ・サウンド・テクノロジー」というシステムにより発せられている。テールパイプの脇に取り付けられたふたつのサウンドアクチュエーターが、エンジンの最も特徴的な音色を強調しているとのこと。具体的な構造は不明ながら(スイマセン)、「プジョー308 BlueHDi」のように、車内のスピーカーからだけ出している音ではないことは確かだ。

実際のところ、車内に響くサウンドもAMGのV8サウンドのようで甘美だったが、車外に出て聴くブリッピングは、さらにド迫力だった。テールパイプ横のアクチュエーターが楽器のごとくサウンドを発しつつ、その一部を車内に引き込むパイプが設けられているのか? 「レクサスLFA」みたいに。あのサウンドはフェラーリを超えていた(マジ)。LFAの助手席に乗ってくれた東大卒の才媛は、「管楽器の中にいるようでした」とコメントをくれた。さすが東大。アレに近いのか?

完全にスピーカーから発せられる疑似サウンドだと、さすがに「これはギミック」と割り切るしかないが、一応実際に出ている音なので、私としては全面的に肯定したい。

ちなみにイギリスでは、ギブリの販売台数の9割以上をディーゼルが占めているという! マジですか! 日本じゃあんまり売れてないみたいですけどね。ディーラー営業マン氏によると、やっぱマセラティを買いに来るお客さまの脳内には、ディーゼルという選択肢がまだないらしいです。さもありなん。

「マセラティ・ギブリ ディーゼル」
「マセラティ・ギブリ ディーゼル」
「マセラティ・ギブリ ディーゼル」のエンジンルーム。
「マセラティ・ギブリ ディーゼル」のエンジンルーム。
「レクサスLFA」(写真=池之平昌信)
「レクサスLFA」(写真=池之平昌信)
「レクサスLFA」のサウンドには東大卒の才媛も喜んでくれた。(写真=池之平昌信)
「レクサスLFA」のサウンドには東大卒の才媛も喜んでくれた。(写真=池之平昌信)
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算46台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • マセラティ・ギブリ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.10 試乗記 年間販売台数5万台を目指すマセラティが量販モデルとして期待を寄せる「ギブリ」の実力を検証。ライバルのドイツ勢に対するアドバンテージを探った。
  • マセラティ・クアトロポルテS Q4(4WD/8AT)【試乗記】 2014.5.29 試乗記 マセラティのプレミアムセダン「クアトロポルテ」。同社の歴史上初となる4WDモデル「S Q4」をテストした。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る