「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車

2017.02.02 自動車ニュース
「ジープ・レネゲード セーフティエディション」。ボディーカラーはアルパインホワイト。
「ジープ・レネゲード セーフティエディション」。ボディーカラーはアルパインホワイト。

FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。

「レネゲード セーフティエディション」。ボディーカラーはアンヴィル。
「レネゲード セーフティエディション」。ボディーカラーはアンヴィル。
「レネゲード セーフティエディション」。ボディーカラーはモハベサンド。
「レネゲード セーフティエディション」。ボディーカラーはモハベサンド。

今回のレネゲード セーフティエディションは、エントリーグレードの「ロンジチュード」をベースに、安全装備の充実が図られたモデル。上級グレードである「リミテッド」に準ずる安全装備を搭載しながら、リミテッドより8万6000円安い価格設定がセリングポイントとなっている。ボディーカラーはアルパインホワイト(限定100台)、アンヴィル(同100台)、モハベサンド(同200台)の全3色が用意される。ルーフカラーには、レネゲードとしては初めてブラックを採用した。

主な特別装備は以下の通り。

  • ブラックルーフ
  • LaneSense車線逸脱警報プラス
  • 前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付き)
  • ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション
  • Parkviewリアバックアップカメラ
  • オートヘッドライト
  • 雨量感知機能ワイパー

(webCG)

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • 100台限定、「フィアット500Xラウンジ」発売 2017.8.10 自動車ニュース 「フィアット500X」に100台限定の特別仕様車「ラウンジ」が登場。FFモデルの「ポップスター/ポップスタープラス」に準じたボディーに、1.4リッターターボエンジンをはじめとした、4WDモデル「クロスプラス」のパワープラントが搭載されている。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
ホームへ戻る