充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場

2017.02.03 自動車ニュース
「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」
「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」

ポルシェ ジャパンは2017年2月2日、SUV「カイエン」に新グレード「Sプラチナエディション」を設定し、同年3月1日に予約受注を開始すると発表した。

 
充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場の画像
 
充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場の画像

特別な内外装の仕様も特徴

カイエンSプラチナエディションは、充実した装備や特別な内外装の仕様を特徴とした「カイエンS」の上級グレードである。

エクステリアでは21インチの「カイエンスポーツクラシックホイール」(サテンプラチナ仕上げ)が標準装備されるほか、ハイグロスブラックの装飾やボディーカラー同色塗装のホイールアーチエクステンション、ティンテッドプライバシーガラス(リア)、などが用いられている。

一方、インテリアについては「カイエンGTS」由来のアルカンターラ・シートセンター付き8-wayレザー仕上げスポーツシートや、「Platinum Edition」のロゴ入りフロントドアエントリーガードなどを採用。シートのヘッドレストは前後席ともに“ポルシェクレスト”入りで(リア中央席を除く)、また前席にはシートヒーターも装備している。

このほかにも、「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム」を組み込んだバイキセノンヘッドライトや「パワーステアリング・プラス」、パークアシスト(リバーシングカメラ付き)、オンラインナビゲーションを含む「ポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム」、インターネットサービスの利用を可能にする「コネクト・プラス」モジュール、BOSEサラウンドサウンドシステムが標準装備となる。

ボディーカラーは「ブラック」「ホワイト」に、有償オプションのメタリック塗装「ジェットブラック」「マホガニー」「パープライト」「キャララホワイト」「ロジウムシルバー」を加えた全7色。右ハンドル車のみの設定で、価格は1217万円。

(webCG)
 

 

関連キーワード:
カイエンポルシェSUV自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ポルシェ) 2017.9.14 画像・写真 フランクフルトショーの会場から、リアウイングのない「911 GT3ツーリングパッケージ」やハイパフォーマンスモデルの「911 GT2 RS」、最高出力550psを発生する新型の「カイエン ターボ」などが展示された、ポルシェのブースを写真でリポート。
  • 第449回:日本のブレーキシステムも搭載! 新型「ポルシェ・カイエン」はここに注目 2017.10.12 エディターから一言 2017年夏のフルモデルチェンジで、全方位的な進化を遂げたとアピールされる、ポルシェのSUV「カイエン」。その技術的な見どころは? ポルシェに詳しいモータージャーナリスト・河村康彦が、ドイツで得られた情報をお伝えする。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記