充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場

2017.02.03 自動車ニュース
「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」
「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」

ポルシェ ジャパンは2017年2月2日、SUV「カイエン」に新グレード「Sプラチナエディション」を設定し、同年3月1日に予約受注を開始すると発表した。

 
充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場の画像
 
充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場の画像

特別な内外装の仕様も特徴

カイエンSプラチナエディションは、充実した装備や特別な内外装の仕様を特徴とした「カイエンS」の上級グレードである。

エクステリアでは21インチの「カイエンスポーツクラシックホイール」(サテンプラチナ仕上げ)が標準装備されるほか、ハイグロスブラックの装飾やボディーカラー同色塗装のホイールアーチエクステンション、ティンテッドプライバシーガラス(リア)、などが用いられている。

一方、インテリアについては「カイエンGTS」由来のアルカンターラ・シートセンター付き8-wayレザー仕上げスポーツシートや、「Platinum Edition」のロゴ入りフロントドアエントリーガードなどを採用。シートのヘッドレストは前後席ともに“ポルシェクレスト”入りで(リア中央席を除く)、また前席にはシートヒーターも装備している。

このほかにも、「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム」を組み込んだバイキセノンヘッドライトや「パワーステアリング・プラス」、パークアシスト(リバーシングカメラ付き)、オンラインナビゲーションを含む「ポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム」、インターネットサービスの利用を可能にする「コネクト・プラス」モジュール、BOSEサラウンドサウンドシステムが標準装備となる。

ボディーカラーは「ブラック」「ホワイト」に、有償オプションのメタリック塗装「ジェットブラック」「マホガニー」「パープライト」「キャララホワイト」「ロジウムシルバー」を加えた全7色。右ハンドル車のみの設定で、価格は1217万円。

(webCG)
 

 

関連キーワード:
カイエンポルシェSUV自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
ホームへ戻る