マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示

2017.02.03 自動車ニュース
マツダE&Tが公開した「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」。
マツダE&Tが公開した「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」。

マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセ(千葉市美浜区)で2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。

ポップアップルーフは手動で上げ下げする。
ポップアップルーフは手動で上げ下げする。
“1階”部分の車両後部には大人2人が横になれるくらいの空間がある。
“1階”部分の車両後部には大人2人が横になれるくらいの空間がある。
車内からテント部分へはこの“天窓”を通じて行き来する。
車内からテント部分へはこの“天窓”を通じて行き来する。

先代CX-5ベースの完成車販売を想定

キャッチフレーズは「走って、曲がって、泊まれるSUV」。先代「マツダCX-5」の屋根上にポップアップルーフ(上方に広がるテントの一種)が取り付けられており、出先で気軽に車中泊できるのが売り。かつてマツダが販売していたミニバン「ボンゴフレンディ」のオートフリートップをほうふつとさせる。

ルーフを上げれば、テント部分には大人1人と子供1人が一緒に泊まれるくらいの空間(長さ1800mm)ができあがる。これに加えて、“1階”の車両後部には大人2人が泊まれる程度のスペースが作れ、マツダE&Tはファミリーでの車中泊も可能とアピールしている。

車名にコンセプトと付くように、同車はまだ試作段階。市場の反応次第で市販を検討するという。先代CX-5をベースにした完成車のみの販売を想定し、価格も未定だが、「ミニバンベースのキャンピングカーと軽自動車キャンパーの中間的な価格帯に投入したい」としている。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る