唯一のロータリー「RX-8」が来夏に生産終了

2011.10.07 自動車ニュース

唯一のロータリーエンジン車「マツダRX-8」が来夏に生産終了

マツダは2011年10月7日、ロータリーエンジンを搭載する唯一のスポーツカー「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると発表した。

「RX-8」は4ドア・4シーターのスポーツカーという画期的なコンセプトと、“レネシス”と呼ばれる新設計のロータリーエンジンが注目を集め、ロータリーエンジンファンのみならず幅広い層から人気を博した。発売は2003年4月。2012年6月の生産終了時に、モデルライフは9年あまりに達することになる。

今回の生産中止に伴い、マツダのラインナップからロータリーエンジン搭載車が姿を消すことになった。山内 孝代表取締役会長 社長兼CEOは「生産は終了するが、ロータリーエンジンがマツダの魂のひとつであることに変わりはない。マツダは今後もロータリーエンジンの研究・開発を継続していく」とコメントしている。

生産終了に先立ち、マツダは2011年11月24日にRX-8の特別仕様車「SPIRIT R(スピリットアール)」を1000台限定で発売する。同社によれば、これがRX-8の最後の特別仕様車になるという。

RX-8の「Type RS」(6MT)と「Type E」(6AT)がベースで、専用シートや専用塗装を施したアルミホイールが装着される。またベース車ではオプションだったカーテンおよびフロントサイドエアバッグが標準装備になる。価格は6MTが325万円で、6ATが312万円。この特別仕様車の発売後は、RX-8のラインナップは同車と「Type G」(6AT)に整理されるという。

(webCG 竹下)

「マツダRX-8」最後の特別仕様車「SPIRIT R」。2011年11月24日に発売される。
「マツダRX-8」最後の特別仕様車「SPIRIT R」。2011年11月24日に発売される。
「RX-8 SPIRIT R」のインテリア。
「RX-8 SPIRIT R」のインテリア。

唯一のロータリー「RX-8」が来夏に生産終了の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RX-8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダRX-8【試乗記(前編)】 2003.4.10 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    “ワールドワイドに待望の(!?)”ロータリースポーツが帰ってきた。「マツダRX-8」。フル4シーターにして、210/250ps。しかも、240.0万円からという魅力的な価格が設定されて……。『webCG』記者が、ツインリンクもてぎで乗った。


  • マツダRX-8【試乗記(後編)】 2003.4.13 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    復活したロータリースポーツ「マツダRX-8」。4シータースポーツの3つのグレードを、『webCG』記者が「ツインリンクもてぎ」で試乗した。


  • マツダRX-8【試乗記(中編)】 2003.4.12 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    復活したロータリースポーツ「マツダRX-8」。4シータースポーツの3つのグレードを、『webCG』記者が「ツインリンクもてぎ」で試乗した。


  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • マツダRX-8 2008.3.30 画像・写真 2008年3月10日、マイナーチェンジされたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る