唯一のロータリー「RX-8」が来夏に生産終了

2011.10.07 自動車ニュース

唯一のロータリーエンジン車「マツダRX-8」が来夏に生産終了

マツダは2011年10月7日、ロータリーエンジンを搭載する唯一のスポーツカー「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると発表した。

「RX-8」は4ドア・4シーターのスポーツカーという画期的なコンセプトと、“レネシス”と呼ばれる新設計のロータリーエンジンが注目を集め、ロータリーエンジンファンのみならず幅広い層から人気を博した。発売は2003年4月。2012年6月の生産終了時に、モデルライフは9年あまりに達することになる。

今回の生産中止に伴い、マツダのラインナップからロータリーエンジン搭載車が姿を消すことになった。山内 孝代表取締役会長 社長兼CEOは「生産は終了するが、ロータリーエンジンがマツダの魂のひとつであることに変わりはない。マツダは今後もロータリーエンジンの研究・開発を継続していく」とコメントしている。

生産終了に先立ち、マツダは2011年11月24日にRX-8の特別仕様車「SPIRIT R(スピリットアール)」を1000台限定で発売する。同社によれば、これがRX-8の最後の特別仕様車になるという。

RX-8の「Type RS」(6MT)と「Type E」(6AT)がベースで、専用シートや専用塗装を施したアルミホイールが装着される。またベース車ではオプションだったカーテンおよびフロントサイドエアバッグが標準装備になる。価格は6MTが325万円で、6ATが312万円。この特別仕様車の発売後は、RX-8のラインナップは同車と「Type G」(6AT)に整理されるという。

(webCG 竹下)

「マツダRX-8」最後の特別仕様車「SPIRIT R」。2011年11月24日に発売される。
唯一のロータリー「RX-8」が来夏に生産終了
「RX-8 SPIRIT R」のインテリア。
唯一のロータリー「RX-8」が来夏に生産終了

唯一のロータリー「RX-8」が来夏に生産終了

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RX-8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダRX-8 2008.3.30 画像・写真 2008年3月10日、マイナーチェンジされたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。そのディテールを写真で紹介する。
  • マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)【試乗記】 2012.5.1 試乗記 マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)
    ……325万円

    2012年6月に生産中止される「RX-8」。最後の特別仕様車「SPIRIT R(スピリットアール)」に乗り、RX-8の、そしてロータリーエンジンの来し方に思いをめぐらせた。
  • マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2012.1.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
    ……327万750円

    「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。
  • マツダRX-8 Type S(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2008.6.19 試乗記 ……327万750円
    総合評価……★★★

    2008年3月に大がかりなマイナーチェンジをうけ、生まれ変わった「RX-8」。外観のみならず、中身にも大幅に手が入った新型に試乗した。
  • マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)【試乗速報】 2008.3.28 試乗記 マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)
    ……354万4800円/327万750円

    デビューから5年、初のマイナーチェンジをしたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。スタイリングからエンジンに至るまで大幅に手が加えられた新型はどんな走りをみせるのか。
ホームへ戻る