スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)/スイフトRS(FF/5MT)/スイフトXL(FF/CVT)

つい語りたくなる 2017.02.07 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。

まさにグローバルカー

スズキ・スイフトの世界累計販売に関する資料を見て、あらためてビックリした。世界累計販売台数は昨年11月末時点で530万台。昨年4月には500万台に到達したが、11年5カ月での達成はスズキ史上最短とか。
ここでいうスイフトとは、普通のクルマ好きの皆さんがスイフトと聞いてイメージする先々代(2004年に国内発売)を“初代”と定義した数字である。
だが、上級マニアならご承知のように、スイフトという車名の歴史は長い。

スイフトはもともと1983年に発売された「カルタス」の海外名がはじまりで、80年代から90年代にかけて3世代で同様に使われた。日本における厳密な意味での初代スイフトは2000年に発売された車種で、当時の軽自動車「Kei」を拡幅したコンパクトクロスオーバーだった。ちなみに、その海外名が「イグニス」だったりするから、日本人にはややこしい。
そうして良くも悪くもテキトーに都合よく使われてきたスイフト名を、きっちりと世界統一名称にしたのが、累計500万台のスタート地点とされる先々代である。

この資料によると、スイフトの地域別販売比率も興味深い。なんと全体の55%がインドだ! インドが“スズキの生命線”というのは本当に本当なのだ。
その圧倒的シェアのインドの次に、欧州が17%、日本が10%と続く。日本一国と欧州全土を横ならび比較するのもなんだが、スイフトは日本より欧州のほうが売れているわけだ。スイフトが“和製欧州車”ともいうべき骨太グルマである理由がここに……と思ったら、日本に中国その他のアジア諸国を足すと合計21%となり、欧州を逆転する。

さらに、ひと桁パーセンテージながら大洋州や中南米、アフリカ、中近東にもスイフトは販売されている。ぬけ落ちているのは、数年前にスズキが四輪販売から撤退した北米だけ。スイフトは日本人が考える以上のワールドカーということだ。

スズキの世界戦略を担うコンパクトカー「スイフト」。2004年に登場した先々代モデルにおいて、市場ごとに異なっていた車名がスイフトに統一された。
スズキの世界戦略を担うコンパクトカー「スイフト」。2004年に登場した先々代モデルにおいて、市場ごとに異なっていた車名がスイフトに統一された。
2016年末に発表された現行型「スイフト」のインストゥルメントパネルまわり。やや運転席側に向けられたセンタークラスターが特徴となっている。
2016年末に発表された現行型「スイフト」のインストゥルメントパネルまわり。やや運転席側に向けられたセンタークラスターが特徴となっている。
パワーユニットの種類は3種類。写真は、1.2リッター自然吸気エンジンにモーターアシスト機構を組み合わせた、マイルドハイブリッド車のもの。
パワーユニットの種類は3種類。写真は、1.2リッター自然吸気エンジンにモーターアシスト機構を組み合わせた、マイルドハイブリッド車のもの。
日本はもちろん、アジアやヨーロッパの幅広い市場で販売されている「スイフト」。ここ2世代の累計販売台数は530万台を数える。
日本はもちろん、アジアやヨーロッパの幅広い市場で販売されている「スイフト」。ここ2世代の累計販売台数は530万台を数える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・スイフトRS(FF/5MT)【試乗記】 2012.2.7 試乗記 スズキ・スイフトRS(FF/5MT)
    ……145万4250円

    ノーマルモデルより引き締まった、欧州仕様と同様の足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」。“欧州並み”は、日本の道でも魅力的に映るのか?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る