スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)/スイフトRS(FF/5MT)/スイフトXL(FF/CVT)

つい語りたくなる 2017.02.07 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。

まさにグローバルカー

スズキ・スイフトの世界累計販売に関する資料を見て、あらためてビックリした。世界累計販売台数は昨年11月末時点で530万台。昨年4月には500万台に到達したが、11年5カ月での達成はスズキ史上最短とか。
ここでいうスイフトとは、普通のクルマ好きの皆さんがスイフトと聞いてイメージする先々代(2004年に国内発売)を“初代”と定義した数字である。
だが、上級マニアならご承知のように、スイフトという車名の歴史は長い。

スイフトはもともと1983年に発売された「カルタス」の海外名がはじまりで、80年代から90年代にかけて3世代で同様に使われた。日本における厳密な意味での初代スイフトは2000年に発売された車種で、当時の軽自動車「Kei」を拡幅したコンパクトクロスオーバーだった。ちなみに、その海外名が「イグニス」だったりするから、日本人にはややこしい。
そうして良くも悪くもテキトーに都合よく使われてきたスイフト名を、きっちりと世界統一名称にしたのが、累計500万台のスタート地点とされる先々代である。

この資料によると、スイフトの地域別販売比率も興味深い。なんと全体の55%がインドだ! インドが“スズキの生命線”というのは本当に本当なのだ。
その圧倒的シェアのインドの次に、欧州が17%、日本が10%と続く。日本一国と欧州全土を横ならび比較するのもなんだが、スイフトは日本より欧州のほうが売れているわけだ。スイフトが“和製欧州車”ともいうべき骨太グルマである理由がここに……と思ったら、日本に中国その他のアジア諸国を足すと合計21%となり、欧州を逆転する。

さらに、ひと桁パーセンテージながら大洋州や中南米、アフリカ、中近東にもスイフトは販売されている。ぬけ落ちているのは、数年前にスズキが四輪販売から撤退した北米だけ。スイフトは日本人が考える以上のワールドカーということだ。

スズキの世界戦略を担うコンパクトカー「スイフト」。2004年に登場した先々代モデルにおいて、市場ごとに異なっていた車名がスイフトに統一された。
スズキの世界戦略を担うコンパクトカー「スイフト」。2004年に登場した先々代モデルにおいて、市場ごとに異なっていた車名がスイフトに統一された。
2016年末に発表された現行型「スイフト」のインストゥルメントパネルまわり。やや運転席側に向けられたセンタークラスターが特徴となっている。
2016年末に発表された現行型「スイフト」のインストゥルメントパネルまわり。やや運転席側に向けられたセンタークラスターが特徴となっている。
パワーユニットの種類は3種類。写真は、1.2リッター自然吸気エンジンにモーターアシスト機構を組み合わせた、マイルドハイブリッド車のもの。
パワーユニットの種類は3種類。写真は、1.2リッター自然吸気エンジンにモーターアシスト機構を組み合わせた、マイルドハイブリッド車のもの。
日本はもちろん、アジアやヨーロッパの幅広い市場で販売されている「スイフト」。ここ2世代の累計販売台数は530万台を数える。
日本はもちろん、アジアやヨーロッパの幅広い市場で販売されている「スイフト」。ここ2世代の累計販売台数は530万台を数える。
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スズキ・スイフトRS(FF/5MT)【試乗記】 2012.2.7 試乗記 スズキ・スイフトRS(FF/5MT)
    ……145万4250円

    ノーマルモデルより引き締まった、欧州仕様と同様の足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」。“欧州並み”は、日本の道でも魅力的に映るのか?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る