第399回:新型SUV「ウルス」でランボルギーニはどう変わる?
ドメニカリ体制の今後を占う

2017.03.14 エディターから一言
ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEO。
ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEO。

かつてフェラーリF1チームの代表を務めたステファノ・ドメニカリが、ランボルギーニの社長兼最高経営責任者(CEO)に就任したのは2016年3月のこと。以来、「アヴェンタドール」が世代交代を果たして「アヴェンタドールS」に進化し、同時に車名の命名方法が変更されるなど、徐々に新体制の「作法」が見えてきた。新型SUV「ウルス」を2018年に発表して、年間生産台数の倍増をもくろむ同社の戦略は万全か? ドメニカリ体制の今後を占ってみよう。

「ランボルギーニ・カウンタック」
「ランボルギーニ・カウンタック」
「ランボルギーニ・ディアブロ」
「ランボルギーニ・ディアブロ」
「ランボルギーニ・ムルシエラゴ」
「ランボルギーニ・ムルシエラゴ」

5年間で6000台も生産されたアヴェンタドール

驚異の人気というべきだろう。ランボルギーニは、V12自然吸気ミドシップというリアルスーパーカーにしてフラッグシップのアヴェンタドールを、2011年にデビューさせて以来、5年間ですでに6000台以上世に送り出した。

これがいかにずぬけた数字であるかは、「カウンタック」約2000台(15年間)、「ディアブロ」約2900台(10年間)、「ムルシエラゴ」約4000台(10年間)という過去のフラッグシップモデルの生産台数を見ればよく分かる。

ランボルギーニのフラッグシップのモデルチェンジサイクルは10年といわれてきたから、アヴェンタドールは何とその半分の期間で、ムルシエラゴの1.5倍も売れてしまった。

ちなみに、日本におけるアヴェンタドールの売れ行きもすさまじい。2016年、日本市場に正規輸入されたランボルギーニは、アヴェンタドールと「ウラカン」を合わせて359台で、史上最高。この数字は全生産台数の1割強にあたる。しかも、その内訳が、アヴェンタドール166台というから驚くほかない。ランボルギーニ全体ではアヴェンタドール1に対してウラカン2だが、日本は4対5である。日本人のマインドセットが、いまなおシザードアのV12気筒ミドシップ、つまりカウンタックに良い意味で縛られている結果でもあった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
新着記事